『トシ、1日1分でいいからフクシマ英語に触れてみて。それだけできっと世界は変わる。』

東京五輪のエンブレムが決まりましたね。個人的にはアサガオが好みだったのですが、組市松紋も日本らしくて良さそうに思えてきました。楽しみですね~。

さて、本日はアメリア会員の東出顕子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



医療系出版社であるSCICUSさんがアメリアで翻訳者の方を募集され、そこで東出さんが見事採用。そして、このたびの刊行にいたりました。

東出さん、おめでとうございます

東出さんから素敵なコメントが寄せられました。「必要なところだけ使ってください」と言われましたが、いやいや、そんなのモッタイナイ。東出さんの想いをあますところなくお伝えさせてください

「トシ」って誰? 医療英単語学習本として発行から7年間ベストセラー第1位、AERA特集「英語使いたちのブレークスルー」(2016年2月22日発行)でも紹介された『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』の主人公です。続編の『トシ、明日あなたの医療英単語でパリを救いなさい。でなければ離婚よ。』に続く、シリーズ第3弾がこの本です。 福島の放射線科医によるエッセイの英訳を教材にふさわしい逐語訳でまた日本語に戻すという部分を私が担当させていただきました。アメリアでこの仕事の急募を見た福島出身の私は、やっと本業でフクシマのために何かするチャンスだ! と迷わず応募しました。私が福島出身であることは偶然ですが、出版社社長から執筆・翻訳陣まで福島出身か福島で仕事をしている方々であるところに私が加わりオール福島キャストによる本です。 いつもは自然な日本語、いわば逐語訳の反対に心血を注いでいるわけですから、逐語訳なら簡単かというと、まったくそうではありませんでした。どこまで"しつこく"逐語訳するのか、やってみると逐語訳でも何通りもでき頭を悩ませました。違う視点から翻訳を見つめる体験にもなりました。逐語訳であってもエッセイとして読める文章にするという密かなチャレンジでもありました。 小説を読むように放射線関連英語・英語表現・放射線リテラシーを同時に学べる教材ですが、もっと大きく言えば、世界に向けて放射線について語る言葉を持つための本です。そして「英語の勉強の合間にほんの1分間だけでいい。フクシマ英語に触れてみよう。きっと、それで世界は(ほんの少しだけど)変わるから」という願いを込めた本でもあります。

こちらもロング・ベストセラーになりますよう、心よりお祈りしております。
※なお、本書はアメリア会員の舩山むつみさんにも一部、翻訳協力いただきました。

アメリア事務局 河原

『心臓の科学史 古代の「発見」から現代の最新医療まで』

こんにちは
今年のG.W.は5月の2日と6日をお休みにして最大で10連休にされる方もいるようですね。とある統計によると、G.W.に「家でゆっくり過ごす」派は60%、「外出してアクティブに過ごす」派は40%で、家でゆっくり過ごす派の方が多いそうです。テレビのニュースを見てなんとなく遠出している人の方が多い印象を持っていましたが、家でゆっくりしたり、出かけても近場で過ごす人の方が多いのかもしれませんね。
アメリア事務局はカレンダー通り営業しておりますので、何かありましたらお気軽にご連絡くださいね!

本日はアメリア会員の高橋洋さんが翻訳を手がけられた『心臓の科学史 古代の「発見」から現代の最新医療まで』をご紹介いたします



以下はAmazonの内容紹介文です。

命を救え! 謎の解明に挑む科学者たちの軌跡。
医学の天才によるメカニズムの解明、
史上初の心臓外科手術の衝撃、
カテーテル治療やバイパス手術などの開拓、
心臓移植や人工心臓への長い苦闘、病の正体とその起源の探求、
そして、さらなる長寿の夢……命の臓器をめぐる迫真のドキュメント。


現在では心臓外科手術は治療方法として当たり前のものになりましたが、昔は体にメスを入れるなんて信じられないことだったのだろうな、と思います。古代から現在の最新医療にいたるまで、科学者の方達がどのようなアプローチされてきたのか、その取り組みがよく分かる一冊となっています。

高橋さん、この度は最新の訳書をお知らせいただきありがとうございました
今後益々のご活躍もお祈りしております

アメリア事務局 岩瀬

『ピープ・ショー ボクたち妄想族』

こんにちは
今年は「定期的に運動する習慣をつける」ことを目標の1つにしているのですが、寒い時期は運動をさぼりがちにそこで、部屋の中で出来る手軽な運動を始めてみました。…とは言っても本当に簡単な筋トレを、ドライヤーをかけ「ながら」、台所で洗い物をし「ながら」やるだけなのですが、2週間ちょっと続けたところ、階段の昇り降りが以前よりも少し楽に!何かを習慣化したい時は21日間続けると無理なく続けられるようになるらしいので、もう少し頑張ってみたいと思います!

本日はアメリア会員の安濃田夏江さんが字幕翻訳を手掛けられた『ピープ・ショー ボクたち妄想族』シーズン7 エピソード4 『まるで地獄のよう』のご紹介です
安濃田さんからは「出演者がしゃべりっぱなしなので、文字数に収めないといけない重圧に負けないよう作品を楽しみながら仕上げました。」とのコメントをいただきましたが、出演者がしゃべりっぱなしだと、字幕の文字数制限内に収めるのも一苦労ですよね!安濃田さん、おつかれさまです

大学時代からの友達で、ルームシェアして住んでいる真面目なサラリーマンのマークと、ミュージシャンを夢見るジェレミー、対照的な二人が織りなすコメディです。Netflixで配信していますので、詳細はこちらからご覧くださいね。

安濃田さん、この度は翻訳作品をお知らせいただきありがとうございました
また是非お話をお聞かせくださいね

アメリア事務局 岩瀬

『右脳と左脳を見つけた男 - 認知神経科学の父、脳と人生を語る - 』

先日、大好きな和菓子やのいちご大福と草餅とかしわ餅を一度に頂いてしまいました但し、一食分のランチとしてです。ここのあんこは甘過ぎずさっぱりしているので頂けるのです。やっぱり上品で美味でした

アメリア会員の小野木明恵さんが翻訳されたノンフィクション『右脳と左脳を見つけた男 - 認知神経科学の父、脳と人生を語る - 』をご紹介します!



“わたし”はどこにいるのか。認知神経科学の創出、右脳と左脳の役割の発見など輝かしい経歴に彩られた著者が、自らの研究と生涯をふり返る。脳科学の第一人者による貴重な歴史的証言に満ちあふれた初の自伝。

脳科学研究の先駆者のおひとりでいらっしゃるガザニガ博士初の自伝とのこと、多くの方にお読みいただけることを願っております。小野木さん、ご訳書を事務局までお送りいただき本当にありがとうございました

アメリア事務局 並木

『ピープ・ショー ボクたち妄想族』

関東はさわやかな陽気が続いておりますが、熊本の皆さまはご無事でしょうか。
熊本にお住まいのアメリア会員の方や知人の安否を心配しております。

本日はアメリア会員の土井葉子さんが字幕翻訳を手掛けられたNetflix作品をご紹介します。『ピープ・ショー ボクたち妄想族』シーズン7 エピソード2「身から出た錆」をご担当されたそうです。

恋人に追い出されてしまった怠け者のジェレミーが、世渡りの仕方が対照的な友人マークと同居する英国発の新感覚コメディです。ぜひご覧ください!

Netflixの作品紹介ページはこちらからご覧いただけます。

土井様、この度は翻訳実績をお知らせいただきありがとうございました

アメリア事務局 並木

『ジーヴズと婚礼の鐘』

葉桜の頃を迎えました。緑色が鮮やかで新芽の生命力を感じます。

さて、本日はアメリア会員の村山美雪さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



ジーヴズとバーティシリーズに続編が誕生しました!

ジーヴズとバーティといえば、名探偵ホームズ&ワトソン博士と並び称されるほどの人気がある名コンビ。
今回、ウッドハウス財団より指名を受けたイギリスの作家が、その続編を執筆。それが本書になります。

「フォークスはウッドハウス作品のムードと会話劇を完璧に再現してみせた」〈サンデー・エクスプレス>と帯に書いてある通り、
ウッドハウスの雰囲気は引き継ぎながらも、新しい読者も想定し、著者ならではの味付けもほどこした一冊。
ウッドハウスに愛着をもっていらっしゃる方も、きっとお楽しみいただけるはずです。
ぜひお手にとって新鮮な出会いを感じてください。

村山さん、今後益々のご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『「病は気から」を科学する』

熊本地震、心配です。
九州出身の私は子どもの頃に阿蘇には何度も行ったことがあります。知人のサイトなど
確認しているのですが、無事ではあるものの道路状況が悪く日常生活がかなり困難な模様。
福岡や大分、その他の県でも余震の影響は大きいようです。
自分が何をすべきか、できるのか、しっかり考えて行動したいと思います。


本日はアメリア会員の服部由美さんの訳書をご紹介いたします





翻訳を手がけた服部さんからコメントをいただきました

英国のジャーナリストが心が持つ力を検証したノンフィクションです。
一見、難解そうですが、心の影響力、心と体の関係に興味のある人なら、
どんどん読み進めていける内容です。

がん、うつ、過敏性腸症候群、分娩、エイズ、さらにはマインドフルネス、
催眠療法、ホメオパシー、ルルドにいたるまで、幅広い領域について
書かれています。訳しながら、それは多くの新しい情報に接することができ、
有意義な翻訳作業となりました。


子どものころ、「心ってどこにあるんだろう?」と考えたことないですか
見えないし触る事もできないけど、心が元気じゃないと体にもダイレクトに
影響がありますよね。「心の役割」を科学するとは、なんと画期的と感じました。


服部さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も心より楽しみにしております。


事務局 入江

『Hailey No No:ヘイリー・ノー・ノー』

暖かくなり近所の用水路に生息している沢山のカメが
日向ぽっこする姿がみられるようになりました。
冬場は全く見かけずどこで冬眠しているんだろう(土の中?)…と不思議なのですが、
子ガメをおんぶしている親子ガメは本当に可愛らしいです

さて本日はアメリア会員のいけや咲良さんが翻訳を手がけた訳書をご紹介いたします。





イヤイヤ期まっただなかのヘイリーちゃんのお話。
いけやさんのブログで紹介されている書籍内容を引用いたします。

35年間、高校の数学教師として教鞭を取られてきた著者は、
4児(男女の双子)の母であり、4人の孫(男女の双子)の祖母。
双子の子孫たちとの経験を通して得られたイマジネーションを活かした作品が多い中、
本作ではヘイリーという女の子の可愛らしい反抗期が巧みに描写されています。
うっとりするような美しいイラストとともに、愛らしいヘイリーちゃんワールドを、
英語と日本語のバイリンガルで、親子そろってお楽しみいただければ幸甚です。
猫のティージップ君も登場しますよ。



可愛らしいヘイリーちゃん、ぜひご覧ください

いけやさん、お知らせいただきありがとうございました。
今後ますますのご活躍をとても楽しみにしています


事務局 入江

『ビッグマッチ』

先日、前に勤めていた会社の先輩(男性)に会う機会があったのですが、最近、お菓子作りにはまっているらしく、手作りのトリュフチョコレートを頂きました。手も大きくて、見た目からはとてもお菓子作りなどしそうにない感じなのですが、とっても美味しくて感激しました。次はどんなスイーツを披露してくれるか、今から楽しみにしています。

さて、本日は韓国語翻訳のエキスパート崔樹連さんが字幕翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします!



ストーリーとしては、アクション系エンターテインメント。
小難しいことは抜きにして、純粋に楽しめる映画のようです。

そしてこちら、日本でも人気のBOAさんが出演しています。
日本では「歌手」というイメージが強いですが、韓国では女優としても活躍しているのですね。
撮影の5ヶ月前からトレーニングを受けたそうで、アクションはもうプロ級だとか。

ぜひご覧になってください!

アメリア事務局 河原

『呼吸が変われば人生が変わる:夢をかなえる一番シンプルな方法』

関東の桜は大分散ってしまいましたね…散りゆく美しさまで見せてくれる桜って、なんて偉大なんでしょう!

本日ご紹介するアメリア会員大沢章子さんのご訳書のテーマは、ずばり呼吸です。
個人的にもとても興味を持っているテーマですその昔、お寺の座禅教室に参加したり、カルチャーセンターで呼吸法のクラスを取っていたことがあるのですが、未だにピンチの時ほどその呼吸法に頼っています。



今回のご訳書の原著者の方は、国際的に知られたヒーラーで「呼吸のマスター」と呼ばれているアンディ・カポニーロ氏です。

1970 年代初頭まではジャズ・ギタリストとして活躍していましたが、その後音楽界でのキャリアを捨て、全米をはじめ国際的に知られたヒーラーとして活躍。独自に考案された呼吸による瞑想法を中心とした呼吸法は、慢性疾患や心の問題、恐怖心の克服などに悩むミュージシャン、アスリートをはじめ、多くの人々に力と勇気を与えているそうです。

本書では、呼吸が持つ奇跡の力を身につけ、日々の生活を豊かにし、人生に思いがけない変化や恩恵をもたらす呼吸のテクニックを体系的に紹介しているそうです。ビジネス、人間関係など難局を乗り切るシンプルな解決策も、呼吸に隠されているとあっては、読まない手はありません!


大沢様、この度は実際のご訳書を事務局にもお送りいただきありがとうございました。
楽しみに読ませていただきます

アメリア事務局 並木
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク