『日本 美の幻風景』 『日本の文様ものがたり 京都「唐長」の唐紙で知る』

こんにちは
翻訳会館の前にある桜の花も日に日に大きくなり、もう少しで満開を迎えようとしています。桜を見るのも好きですが、私は春の匂いがとても好きです。季節の変わり目に、草花や樹木の香りが風に乗って漂ってくる瞬間はなんとも言えず気持ちがよく、何度でも深呼吸してしまいます。ちょっとだけ目が痒くなるのが難点ですが(笑)

本日はアメリア会員の鮫島圭代さんが日英翻訳を手がけられた2作品をご紹介いたします

『日本 美の幻風景』



こちらは写真家、桐野伴秋さんの作品集第2弾で、日本の風景50作品が収録されており、津軽海峡や早朝の富士、熊野古道など、日本の四季折々の風景を楽しむことができます。 日本古来からある美しい風景の魅力を、鮫島さんの英訳と美しい写真で、余すところなく伝えている作品です。

『日本の文様ものがたり 京都「唐長」の唐紙で知る』



本作には江戸時代から続く京都の唐紙屋、「唐長」に伝わる600枚以上の板木から、日本の主な文様が厳選して収録されており、美しい唐紙の写真を見ながら、文様にまつわる物語を読むことができます。

「唐紙」とは美しい模様や金銀泥などがついている紙のことを指し、襖に貼る加工紙の一種をいいます。私は唐紙という言葉をこの本で初めて知りましたが、そう言われてみると実家の襖に綺麗な模様が貼ってあったな…あれが唐紙だったのか、と自分の身近なところにも唐紙というものが存在していたことを知りました。知らないようで意外と身近にある唐紙、唐紙師である著者に書かれた本作を読めば、その歴史についてもより深く学ぶことができます。

鮫島さん、この度は素敵な作品をお知らせいただき、ありがとうございました
次回作のお話も楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

『五〇億年の孤独』

天気予報によると週明けからは春本番 桜も一気に開花しそうですね
もう真冬のコートが必要なほどの寒の戻りはないことを祈ります。

本日はアメリア会員の松井信彦さんの訳書をご紹介いたします。





本書は『ネイチャー』や『サイエンティフィック・アメリカン』等の専門誌に
寄稿するサイエンスライターであるリー・ビリングズ氏によるノンフィクション。

内容を一部アマゾンから引用します。

宇宙にはわれわれのほかに知的生命が存在するのか?
1960年代にさかのぼるSETI以来、このいわゆる「ET(地球外知的生命)」を現実に探す試みは営々と続けられてきた。
いまや「来たる20年で必ず見つかる」と断言する研究者が出てきており、
系外惑星ハンティングの隆盛とともに、「未知との遭遇」がいよいよ現実になる機運が見えてきたのだ。


壮大なテーマですよね
地球外知的生命との出会いも近いのかもとロマンを感じました。
ただしそのロマンの影には天文学者たちの努力があるのですよね。

「ロマンの影に人の地道な営みがあることもよくわかる良書」だそうです。

松井さん、本をお送りいただきありがとうございました。
楽しみに拝読いたします。
今後のご活躍も心より楽しみにしております

事務局 入江

『地政学で読む世界覇権2030』

本日はもう一冊ご紹介いたします。

アメリア会員の木村高子さんが翻訳を手がけられた作品『地政学で読む世界覇権2030』です



こちらは東洋経済新報社によるスペシャルコンテストより刊行に至った訳書となります。
木村さん、刊行おめでとうございます。

木村さんからとっても素敵なコメントが寄せられました。

本書「地政学で読む世界覇権2030」は、原題の「The Accidental Superpower」が端的に示すように、この上なく恵まれた地理条件を持つアメリカは、なんら努力することなく、超大国の座に上り詰めることができたし、今後も世界に君臨し続けるだろう、と説くものです。一方、世界中の大半の国が没落していくだろう(日本を含めて!)と予測されています。

世界情勢を地理条件から読み解く地政学には、以前から興味がありましたが、スペシャルコンテストで「経済書」という単語を見た時には、私には最も苦手な分野かもしれない、と応募をためらいました。が、トライアルの課題文が古代エジプトの章! 大学で古代エジプト学を学んだ身としては挑戦するしかない、と勇んで課題に取り組みました。採用のご連絡をいただいた時は本当に嬉しくて、何度もメッセージを読み返しました。

実際の翻訳にあたっては、膨大な量の調べ物が必要になり、それと同時にできるだけ詳しい世界地図を求めてまわりました。
海外在住でもインターネットを利用して翻訳できる幸せ、そして歴史などの雑学が役に立ち、「人生に無駄はない」としみじみかみしめながらの作業でした。本書では一見過激な著者の主張が、多くの詳細なデータとともに、非常にわかりやすく、また親しみやすい言葉で解説されています。「影のCIA」と呼ばれる「ストラトフォー」出身で多くの講演やコンサルタント業務をこなす著者の面目躍如といったところでしょう。結論には賛否両論あるでしょうが、世界情勢を地理や気候条件、世界的な少子高齢化の進展、偏った資本の創出力などから読み解く各章は非常に説得力に富み、どれも今後の世界情勢の推移を見極めるのにとても重要な視点だと思います。


嬉しくて何度も採用のメッセージを読み返したこと、
海外にいても翻訳ができることに幸せを感じたこと、
ご自身の知識を活かすことができ「人生に無駄はない」とかみしめながらのお仕事だったこと…
木村さんのコメントを読んで、なんだか胸がジーンとしてしまいました。

一人でも多くの方に手にとっていただけることをお祈りしています。

木村さん、ありがとうございました。
またご活躍のお話を聞かせてくださいね。

アメリア事務局 河原

『サバイバル・レース2』

先日、黒いサングラスをかけ、マスクをし、黒いダウンを着てフードもすっぽりかぶって歩いていたら、通りすがりの子どもに「ママ、あの人悪い人…」と言われました。まあ、あながち間違っていませんが。。

さて、本日はアメリア会員の山北めぐみさんが翻訳されたこちらの作品をご紹介いたします。



こちらは、前回ご紹介した『サバイバル・レース』の続刊になります。
山北さん、刊行おめでとうございます

今度は舞台をオーストラリア大陸のサンゴ海に移し、でこぼこ4人組が優勝賞金の100万ドルを目指して、幻の生きものを探します。応募できるのは一生に一度、小学生のあいだだけ。さて、ラッセルたち赤チームは第2にステージをクリアできるのか

ぜひお手にとってお楽しみください。

山北さん、お知らせいただきありがとうございました。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

『ディズニーネイチャー/クマの親子の物語』

春先になると、街中に白いスニーカーを履いた女性が増えると思いませんか?
今年も3月中旬頃からたくさ~んお見かけするようになり、春といえば“やっぱり白いスニーカー!”と思ったのでした。そういう私は持っておりませんが、欲しいです!

本日ご紹介するのはアメリア会員の新田美紀さんが字幕翻訳を手掛けられたディズニー作品。ブルーレイ/DVDの発売と同日に、レンタル一斉デジタル配信も開始されています!



新田さんによるご紹介文です。
心温まるネイチャー&動物作品。アラスカの美しい大自然が圧巻です!
動物ドキュメンタリーには過酷な現実も付き物ですが、そこはディズニー、小さいお子さんにも安心して見ていただける作品になっています。特典ではどうやって撮影したかの秘話が語られています。


ブルーレイ/DVDのパッケージ写真、かわいいですねぇ。一瞬ぬいぐるみのようにも見える子熊ですが、過酷な自然界を生き抜いているんですね。撮影秘話も気になります!
皆さまも小さなお子さまと一緒にどうぞお楽しみくださいませ

新田様、この度もすてきな作品をお知らせいただきありがとうございました

アメリア事務局 並木

『アテンション――「注目」で人を動かす7つの新戦略』と『子どものUXデザイン――遊びと学びのデジタルエクスペリエンス』

三連休は家族でタイヤ公園へ。ここ、とにかくタイヤが沢山あるんです。
タイヤでできたジャングルジムやトンネル、タイヤを使って滑る滑り台も

タイヤで作られた恐竜(怪獣)やロボットもありました。なかなかシュールでしたが、
目の前にいると絡んでみたくなるというか…家族でよじ登ってみたり楽しかったです。


さて本日はアメリア会員の依田光江さんの共訳書&訳書をご紹介いたします

まずは共訳書です。
共訳者の依田卓巳さん、茂木靖枝さんもアメリア名誉会員、アメリア会員さんですね。
皆さんご活躍ですね





依田光江さんから書籍紹介をいただきました。

ベンチャーキャピタリストにしてマーケティングのプロである著者が、
人の注目を集める方法を7つのキーワードで論じています。
使われている事例が多岐にわたり(日本のAKB48も登場します)、
文体も軽妙なのでサクサク読めますが、内容は土台がしっかりしていて
ビジネスの現場ですぐに役立ちそうです。


続きまして、訳書です。





こちらもコメントをいただきました。

子ども向けにスマホのアプリやウェブサイトをデザインする
デザイナー向けの本です。
2歳から12歳までを5つの年齢層に分け、ピアジェの認知発達理論を
からめながら、その年齢層の子どもにはどういうデザインが
適しているかを論じています。
画面のスナップショットが豊富に掲載された、カラフルな紙面になっています。




実務翻訳、出版翻訳と幅広くご活躍の依田さん。
今後も益々ご活躍の場を広げられていくのだと思います。心より応援しております


事務局 入江

『マインドフルネス Colouring』

こんにちは
私の部屋には大きな座椅子があり、仕事から帰ったらこの座椅子の上でくつろぐのが日課だったのですが、座椅子をどかして掃除機をかけるのが大変だったり、うたた寝してしまうことが多かったので、先日思い切って断捨離をしてみました!
手放したら悲しいだろうな…と思いきや、ないならないで意外と平気
最終的には寅さんのように身軽に生きたいので(笑)、この勢いで断捨離を進めていきたいと思っています

本日はアメリア会員の宮田攝子さんの最新の訳書『マインドフルネス Colouring』をご紹介いたします★



マインドフルネス」、初めて聞いたという方や、言葉は知っているけどあまり詳しくは知らないという方も多いかもしれません。私もその一人でした…。
マインドフルネスとは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることで、自分の身体や気持ちの状態に気づく力を育む方法や状態のことを言います。
その効果については欧米でも多くの研究報告がされており、ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されているそうです。

本作『マインドフルネス Colouring』はマインドフルネスな名言がちりばめられたぬりえブックで、花や樹木、動物などの自然界をモチーフにした様々な種類のイラストがありますので、想像力を働かせながら楽しくぬりえをすることができます。
大人になると、ぬりえをすること自体もなかなかないですよね。本作はぬりえを楽しみながら、マインドフルネスの世界を知るきっかけにぴったりな一冊です。ご興味がある方は、是非書店でお手にとってみてくださいね

宮田さん、この度は訳書をお知らせいただきありがとうございました
今後益々のご活躍をお祈りしております

アメリア事務局 岩瀬

『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』

最近スマホをiphoneに替えたのですが、今までのAndroidと全く違って四苦八苦。触ってみないとわからないことばかりで、驚きの連続です。特に写真なんか触っていたら急に動き出してびっくり。 その前後も動画として残っているのですね~。おばさん、ついていくのがタイヘンです。

さて、本日はアメリア会員の福山良広さんが翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします。



本書は2014年10月に開催されたスペシャルコンテストから刊行に至った訳書となります。
福山さん、刊行おめでとうございます。

福山さんから、と~っても素敵なコメントをお寄せいただきました。
適当に編集してくださいなんておっしゃていたのですが、いやいや、編集するなんてモッタイナイ!
とういわけで、全文ご紹介させていただきます。

『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』はサウンド・マーケティング戦略について書かれた本です。
といっても難しい専門書ではなく、一般の読者向けにわかりやすく書かれています。
企業や個人が音や音楽を利用していかにブランド価値を高めることができるか、
その手法をApple, ディズニー、フォードなど有名企業の事例を引き合いに出して紹介しています。
音、音楽、ブランディングに興味のある方はぜひ手にとっていただきたい一冊です。


本書のキーワードのひとつがsonic logoです。これは、日本ではサウンドロゴといったほうが
馴染みがあるかもしれません。企業のテレビCMの最後に流れる短いメロディのことです。
久光製薬のCMの最後に流れる「ヒ・サ・ミ・ツ♪」などは、皆さん何度か耳にされたことがあるのでは
ないでしょうか。これまで日本ではあまりなじみのない言葉でしたが、ちょうど昨年、商標法が改正され、
従来のロゴ(文字や図形)に加え、音や色彩に関する新しいタイプの商標も商標登録が可能になりました。
これは音や音楽を用いたブランディングへの関心が日本でも高まりつつあることを反映していると思います。
本書では、音や音楽が、ブランドの存在感を高める上でいかに大きな役割を果たすかが熱く語られています。


翻訳にあたっては、時間と労力の70%以上は「調べもの」に費やした気がします。
というのも、アメリカ人なら誰でも知っているらしい?!テレビCMやロックバンド、楽曲、ブランド、
映画、テレビ番組などが、これでもかというくらいたくさん登場するからです。
私には知らないことばかりである上に(汗)、こうした固有名詞に関する話題は、
背景知識がないとうまく訳せません。
なので、翻訳に取りかかる前にまず背景知識をインプットすることにしました。
例えば、(これはスペシャルコンテストの課題文でもあったのですが)米国の自動車
メーカー・フォードが映画『ブリット』(1968年)で使われたマスタングを再現した
特別仕様車を開発する話がでてきます。そこでは開発スタッフの苦労話やエピソード
が克明に語られます。ペーパードライバーの私にとって、車に関する話題は最も不得
意な分野なのですが(汗)、読み進めていくうちにだんだん面白くなってきて、
もっと深く知りたいと思うようになりました。そこで何度も本屋さんに足を運んで、
車好きの人・マニア向けの雑誌を片っ端から読みました。

最後まで悩んだのが、exhaust note(エキゾースト・ノート)と呼ばれるエンジンの
排気音をどう訳すかでした。この音は、車好きにはたまらないらしい!のですが、
それを耳にしたときの感動をマスタングの熱狂的なファンが語る場面が出てきます。
いい年した中年のオジサン(笑)が、愛車のことになるとまるで子供みたいに純粋に
語る場面なので、そのあたりのワクワク感が読者に伝わればいいなぁ~と考えていました。

結局悩んだ末に、マスタングのエンジンが奏でる野太いサウンドを「エンジンの咆哮」と訳しました。
この表現は雑誌や本を読んでいるときに、気に入って書き留めておいたものです。
採用が決まったとき、出版社の方にもこの表現は良かったとほめていただきました。
翻訳中はずっとパソコンに向かっているので、目も腰も痛くなりますし(涙)、結構
体力的にもきつい仕事だと思います。が、調べものをしているうちに、自分の知ら
ない世界に出会えるのがなによりの楽しみです。自分の未熟さはよくわかっているの
で、下手は下手なりに、これからも頑張っていこうと思っています。
印税で800万円のマスタングを買える日を夢見て(笑)。


皆さん、いかがでしょうか?
「うんうん、分かる分かる~!」と共感された方も多いのではないでしょうか。

福山さん、とっても楽しいエピソードをありがとうございました。
また楽しいお話を聞かせてくださいね。お待ちしております!

アメリア事務局 河原

『知られざるプライド 絶体絶命』

昔からなぜか商店街が好きなのですが、天気の良い日は家族と散歩がてら
様々な商店街で食べ歩きます
武蔵小山、巣鴨、戸越銀座、谷中などなど…観光地化している商店街など規模も様々ですが
その土地のカラーがあって面白いもんです。


さて、本日はアメリア会員の蔭山歩美さんがボイスオーバーを手掛けられた
翻訳作品のご紹介です。

本作はナショジオ ワイルドにて2016年3月30日の21時から放送されます。
再放送は2016年3月31日の5時です。


『知られざるプライド 絶体絶命』

タンザニアに生息するライオンは獲物不足の辛い時期を迎える。他の動物との争いに加え、
ライオン同士の縄張り争いも盛んだ。百獣の王たちは、この難局をどう突破するのか?


番組詳細はコチラから。

「ちょっと意外なライオンの一面も垣間見ることができる番組」だそうですよ。


大自然好きが高じて数年前にケニア&タンザニアに行ったことがあるのですが
野生動物とサバンナの美しさに感動する毎日でした。夕日を眺める(ように見えた)雄ライオン
とってもカッコ良かったです

ぜひご覧ください

蔭山さん、お知らせありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております


事務局 入江

『ビエロフラーヴェクがたどる「ドヴォルザークの人間と音楽」』

週末、地元に新たなケーキ屋さんがオープンしました。
数週間前から話題になっていましたが、たまたま前を通りかかったところ既に行列が!早く行ってみたいです

アメリア会員の遠藤美紀さんが字幕翻訳されたドキュメンタリー番組が、音楽専門チャンネル「クラシカ・ジャパン」で本日より放送となります!

チェコ・フィルの首席指揮者であるイルジー・ビエロフラーヴェク氏が、今もなお国民に愛されているチェコ人の作曲家ドヴォルザークの人生と音楽の魅力を辿るドキュメンタリーです。

初回の放送は、2016年3月7日(月) 21:00より90分です。下記ページより、詳しい番組内容と放送スケジュールをご覧いただけます。

『ビエロフラーヴェクがたどる「ドヴォルザークの人間と音楽」』
http://www.classica-jp.com/program/detail.php?classica_id=CU1538J

遠藤様、この度は翻訳実績をお知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も心からお祈りしております

アメリア事務局 並木

『スキャンダラス ―女たちの編集部―』

週末から花粉症が一気にきました
洗濯物もこの時期はずっと室内干しです。外に干せるのはGWが過ぎてからでしょうね~。

本日は、アメリア会員の中谷友紀子さんの最新のご訳書『スキャンダラス ―女たちの編集部―』をご紹介します!ハヤカワ・ミステリ文庫〈my perfume〉からの刊行ですが、ミステリではなくて女性誌編集部を舞台にしたお仕事小説だそうです。

中谷様のご紹介コメント:
読者が求めているのはセックスとゴシップとダイエット。そう言いきるゴシップ誌出身のやり手編集長が、売れ行き低迷が続く老舗女性誌編集部にやってくる。のんびりした職場の雰囲気は一変、いつクビを言い渡されるかとビクビクしながら、生き残りをかけて奮闘する女性部員たち―といった物語で、子育てや恋愛事情、仕事の駆け引きやマウンティングなど、女の本音とあるあるがたっぷりの、えげつなくもリアルな作品となっています。



がんばるすべての女性の応援歌のような一冊に仕上がっているとのこと、
読みながら元気をもらえそうですね!早く読ませていただきたいです!

昨年は初めての児童書の翻訳に挑戦されたり(→ご紹介記事はこちらです)、今後も中谷様のご活躍から目が離せません。次回作のお話も楽しみにお待ちしております

アメリア事務局 並木

『生き抜け!原始生活 極寒のトナカイとサーミの知恵』

こんにちは
寒い寒いと言っていたらあっという間に3月を迎えてしまいました。
光陰矢のごとしとはよく言ったものですが、もし一年中同じような気候の国だったら、ここまで一年を早く感じることはないのかもしれません。
雪や桜の開花、新緑の時期、梅雨に太陽照りつける夏…と四季があるおかげで、季節の移ろいを感じることが出来るのですね…と考えて、花粉の時期を乗り切ろうと思います(目が痒い!!!!!

本日はアメリア会員の蔭山歩美さんがボイスオーバー翻訳を担当された『生き抜け!原始生活 極寒のトナカイとサーミの知恵』をご紹介いたします

本作は3月8日(火)23:00から、National Geographic Channelで放送予定です。
3月14日(月)8:00にも再放送をしますので、見逃してしまった方は14日にCheck!してみてくださいね☆
番組のHPはこちらです。

National Geographic ChannelのHPより、番組の紹介文を転載させていただきます。

サバイバルガイドのヘイゼン・オーデルが北極でトナカイの遊牧に挑戦。
吹雪の中、凍った湖を渡り、200頭もの群れを春の出産場所へ送り届ける。
重い荷物を載せた約90キロのそりを引き、原住民サーミのあらゆる知恵を駆使して何日もかけて徒歩で目的地を目指す。
厳しい天候、食料不足、忍び寄る捕食者たち。果たしてヘイゼンとトナカイたちは無事に目的地へと辿りつくことができるのか?
はたまた冷たい湖の底へと落ちてしまうのか…。


この作品で初めて「サバイバルガイド」というお仕事を知りました!
蔭山さんからも、「ヘイゼン・オーデルさんのサバイバル技術は本当にすごいので、ぜひご覧ください!」とコメントをいただきました。
私には想像もつかない世界ですが、このようなサバイバル技術をお持ちであれば、どの国に行かれても逞しく生きていけるのでしょうね…

また、National Geographic Channelで放送後、Huluでも配信されるようです!
過去のエピソードも併せてご覧いただけますので、よろしければこちらもCheck!してみてください☆
Huluの番組HPはこちらです。

蔭山さん、この度は翻訳作品をお知らせいただきありがとうございました
また翻訳作品のお話をお聞かせいただけるのを楽しみにしています

アメリア事務局 岩瀬

『ワンダフ ル・ラブ~愛の改造計画~』『バラ色の恋人たち』

花粉がいよいよ本格的な時期を迎えました。目がかゆくて仕方ありません・・・

さて本日は、韓国語翻訳でこれまでたくさんの作品を手がけられてきた崔樹連さんのお仕事をご紹介いたします!

ワンダフ ル・ラブ~愛の改造計画~

若年性アルツハイマーを宣告された成金社長とワガママ三姉弟を通して、家族の絆の再生を軽快かつ繊細なタッチで描き、多くの視聴者の共感を呼んだ話題の韓国ドラマだそうです。★全48話字幕翻訳(共訳)★

もう一つは、
バラ色の恋人たち

こちらは昨年開かれた「第1回 大阪韓国映画祭」で上映された作品が、このたびDVDとなって登場したそうです。
この大阪韓国映画祭、昨年初めての開催となりましたが、非常に好評だったようで、満席になった回がたくさんあったようです。
お見逃しになった方はぜひこちらのDVDでご覧ください。★全52話字幕翻訳(共訳)★

※いずれも3月2日から順次発売

崔さん、このたびはお知らせいただきありがとうございます。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク