寺井杏里さんの訳書が「日本シャーロック・ホームズ・クラブ大賞の奨励賞」を受賞!

寒の戻りも明日まで。金曜日からはぽかぽか陽気です
桜も一気に開花しそうですね

さて昨年10月にご紹介いたしました寺井杏里さんの訳書
この度「日本シャーロック・ホームズ・クラブ大賞の奨励賞」を受賞されたそうです。
おめでとうございます


シャーロック・ホームズの気晴らしシャーロック・ホームズの気晴らし
(2014/09/25)
ルネ・レウヴァン

商品詳細を見る


日本シャーロック・ホームズクラブ


寺井さんからコメントもいただきました

仏語のホームズ・パスティーシュは珍しいので、
今後も期待するということでしょう。
小さな賞ですが、励みになります。


控えめな寺井さんですが、受賞は素晴らしいことですし
本の魅力が伝わる翻訳をされたからこその受賞だと思います
本当におめでとうございます

寺井さん、ご連絡ありがとうございました
今後のご活躍もとっても楽しみにしております

事務局 入江

『神話の遺伝子』

台湾ではスギの木が少ないらしく、花粉症を引き起こすほど花粉が飛ばないそうです。この時期だけ台湾に逃亡したい河原です。

さて、本日は多田桃子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。

神話の遺伝子 (マグノリアブックス)神話の遺伝子 (マグノリアブックス)
(2015/02/25)
ジェレミー・ロビンソン

商品詳細を見る


絶対的な殺戮生物にひれ伏せ!!!!!という帯、かなりのインパクトがあります。「!」が5つもですよ! 思わず「ははー」とひれ伏しそうになりました。

訳者の多田さんによると表紙のとおり、生きがいい、よすぎる状態になったモンスターたちがジャングルで、孤島で、キャンプ場で、暴れるそうです。モンスターが縦横無尽に暴れる様子、多田さんの迫力ある翻訳によって、作品をより一層盛り上げてくださっているのだと思います。ぜひご一読ください!

多田さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
今後ますますのご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『ちいさなペンギンがはじめておよぐひ』

10年以上使用してきた、我が家のオーブンレンジ(お皿がまわるタイプ)が
遂に新しくなりました 週末に張り切ってラザニアを作ってみたところ、
火力が違う~!と大興奮。これは色々と作りたいです!!

でも、私がおかしいのだと思いますが、ラザニアの完成までに
なぜか3時間くらいかかりました(焼きはたったの20分)
手際が悪すぎます

さて、本日ご紹介するのは、アメリア会員のかまち ゆかさんのご訳書です。

教育機関や待合スペースなどに絵本のレンタルサービスを行う
「ワールドライブラリー」から刊行されました。

今回はじめてそのようなサービスがあることを知ったのですが、
この「ワールドライブラリー」さんの素晴らしさは、既刊本ではなく、
世界中の出版社と翻訳出版契約を直接結び、書店にも売っていない、
ここにしかない絵本を扱っている点
だと思います。

“ちいさなペンギンが期待と不安で胸をいっぱいにしながら、
初泳ぎに向かう1日を描いた絵本。

一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品です。”


とかまちさんに作品をご紹介いただきました。
いつかどこかのカフェや病院の待合スペース等でお目にかかれることを
楽しみにしています

「ワールドライブラリー」さんのHPにも作品情報が掲載されています。
こちらからぜひご覧ください。

かまちさん、ステキな作品をお知らせいただきありがとうございました

アメリア事務局 並木

『若き科学者への手紙』

午前中に気象庁より開花宣言がありましたね
今週末には満開を迎えるとか。暖かくなってきましたしお散歩が楽しい季節ですね

本日はアメリア会員の北川玲さんが翻訳を手がけた訳書をご紹介いたします。
北川さん、お知らせありがとうございます



若き科学者への手紙: 情熱こそ成功の鍵若き科学者への手紙: 情熱こそ成功の鍵
(2015/02/19)
エドワード・O. ウィルソン

商品詳細を見る



本書は世界屈指の生物学者である著者のウィルソン氏が
半世紀以上の科学者人生を振り返って得たものをエッセイ風にまとめたものだそう。

目次を拝見していると著者の熱い思いが伝わってきます。
情熱をもって仕事をする大切さを教えていただける本書、
科学界のみならずどなたにでも共通するメッセージが満載です

出版元である創元社HPで一部立ち読みできますので
ご興味ある方はぜひ
 コチラ

15日には日本経済新聞に書評が掲載されたそうですよ


北川さん、ご丁寧なメールをありがとうございました
今後のご活躍も心より楽しみにしております


事務局 入江

『悪意の波紋』

こんにちは
本日静岡の一部で桜が開花するそうですいよいよお花見シーズンを迎えますね
実は今年、私の友人が新卒から勤めていた会社を退職し、イギリスへと旅出ちます
長年の夢であった、イギリスへの留学を実現したいと一念発起したそうです。
しばらく日本の四季を感じられなくなってしまうので、お花見で友人を送り出したいなと思っています


本日はアメリア会員の山口羊子さんが翻訳された『悪意の波紋』をご紹介いたします

悪意の波紋 (集英社文庫 コ 16-1)悪意の波紋 (集英社文庫 コ 16-1)
(2015/03/20)
エルヴェ・コメール

商品詳細を見る


山口さんからもコメントをお寄せいただきました。

フィルム・ノワールの香りが漂うフランスのミステリーをお届けします。


100万ドル強奪事件から40年が経った。逃走した5人組のうちのひとりだった初老のギャングのもとを女性記者が訪れた。穏やかな隠遁生活もこれでおしまいか?
一方、6年前の失恋の痛手から立ち直れずに暮らす若いウェイターが、リアリティー番組に出ている元恋人を目の当たりにする。
無関係なふたりの人生は、どこで交差し、変化するのだろうか?


「しっかりして!」と思わず背中をポンと叩きたくなるようなダメな若者が
どのような成長をみせるのか、というのも作品の魅力のひとつです。

ひと味違った怖さを覚え、しみじみとした余韻に浸れるミステリーです。
この小説の〈波紋〉がいい意味で大きく広がっていけば、嬉しく思います。


『悪意の波紋』というタイトルにぴったりの表紙ですね
このタイトルにこめられた意味とは何なのか、ご興味の出てきた方は本屋へレッツゴーです!

山口さん、素敵な作品をお知らせいただきありがとうございました
これからもご活躍のお話をお聞かせくださいね

アメリア事務局 岩瀬

『#GIRLBOSS 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話 』

大分、暖かくなってきて、毎日の犬の散歩も快適になってきました。でもまた来週は寒の戻りとか。一気に春にはなりませんね。

さて、本日はアメリア会員の阿部 寿美代さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話
(2015/03/19)
ソフィア・アモルーソ

商品詳細を見る


どうしようもない不良だった女の子が、インターネットサイトで古着の販売を始めたことがきっかけで、年商1億ドルを売り上げるまでの企業へと導いたサクセスストーリーだそうです。

「覚えておいていただきたいアドバイスが3つあります――大人になってしまわないこと。退屈な人間にならないこと。男の言うことは気にしないこと。さあ、それでは始めましょう」(アマゾンより)
↑「男の言うことは気にしないこと」というのがイイですね!

訳者の阿部さんによりますと
「自分なりのやり方を見つければ、誰でも自分の人生の「ボス」になれる…そんなメッセージがびしびし伝わってくる、読むと元気が出る一冊」とのこと。読んだ後は、スカッと爽快な気持ちになれそうです!

阿部さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後益々のご活躍をお祈りしております。

アメリア事務局 河原

『ジャガーとのやくそく』

3月も中旬、そろそろお花見の予定が気になる頃でしょうか。我が家は今年は友人たちを招待して、お花見パーティーを開くことになったので、今からその準備に大わらわです

さて、今日はアメリア会員の美馬しょうこさんが翻訳をされた絵本をご紹介いたします。

ジャガーとのやくそくジャガーとのやくそく
(2015/02)
アラン ラビノヴィッツ

商品詳細を見る


著者は動物学者のアラン・ラビノヴィッツさん。吃音のために苦労した少年時代や、同じようにうまく言葉で意思を伝えられない動物たちへの想い、彼らから得た勇気など、自身の経験を伝えるノンフィクション絵本です。

私も読ませていただきましたが、最後に少年がジャガーに語りかける場面には、ぐっとくるものがありました。
一人でも多くの方の手に取っていただきたい一冊です。

美馬さま、このたびは訳書をお届けいただきありがとうございました。
素敵な絵本との出逢いに感謝でございます。

アメリア事務局 河原

『ドラヴィエのANATOMY フランス発 美しく強いからだ』

来週からは春本番のお天気が続くようですね
都内で桜が咲き始めるのもそろそろでしょうか

さて本日はアメリア会員の東出顕子さんの訳書をご紹介いたします。


ドラヴィエのANATOMY フランス発 美しく強いからだドラヴィエのANATOMY フランス発 美しく強いからだ
(2015/02/26)
フレデリック・ドラヴィエ、ジャン=ピエール・クレマンソー 他

商品詳細を見る


冬物から春物への衣替えはワクワクするものですが
同時に冬場に溜め込んだお腹周りのタプタプさんの存在も気になるもの。
東出さんより本書のご連絡をいただいたとき「今すぐ読みたい」と思ってしまいました

コメントもいただきましたのでご紹介いたします

いつもありがとうございます。アメリア経由のご縁でずっと依頼を受けている
「アナトミー」シリーズ、そのうちフレデリック・ドラヴィエの2冊目、女性に
フォーカスしたトレーニング本です。
残念ながら「楽して・簡単に・たったこれだけで」痩せる本ではありませんが。
現在、またドラヴィエの第3弾を翻訳中です。


企業とのご縁がずっと続いているようで事務局スタッフとしては
嬉しい限り 
東出さんの実力とお人柄の賜物です

東出さん、お知らせいただきありがとうございました
第三弾の刊行も楽しみにしております。

事務局 入江

JTF翻訳セミナーに事務局スタッフが参加しました!

今回は、事務局スタッフが参加したJTF翻訳セミナーの様子をお伝えいたします。

【日時】2014年12月18日(木)
【テーマ】あなたの翻訳は大丈夫? ~翻訳者による品質保証を考える~
【講師】齊藤 貴昭氏 翻訳コーディネーター・社内翻訳者

【概要】「質の良い翻訳」にするためには何をどうすればよいのか?
①「翻訳後チェックすればいい」という考えはダメ。ミスを★最初からしない★という考えを持つこと。
ミスがある翻訳物=不良品である。そういう不良品を作っていることに罪の意識を持つこと。なぜなら、翻訳者とは職人であるから。
②ミスの大半はヒューマンエラーである。
スペルミスや数字の転記ミスなど。どんなにいい訳文でもこういうポカミスがあると「翻訳物の品質が悪い」と判断される。
③では、どうやってミスを防ぐか
1.翻訳環境を整える
例えば、モニターを2台そろえたり、大型モニターを用意するなど、物理的に間違った操作をしにくくする環境にする。難しい単語は口に出しながらタイプする、など。
2.翻訳前の事前準備をしっかりとする
スタイルガイドの確認、あいまいな点は翻訳会社へ確認し事前にクリアにしておくこと。
3.翻訳中のミスはすぐ気付き、すぐつぶす
転記はせずに、コピペを多用する。数字はパソコンに発音させるようにして耳でもチェックする、など。
4.翻訳後は人間の知覚をフル活用し、集中する箇所を絞って検出力を上げ、ミスゼロにする。
漠然とチェックするのではなく、チェックポイントをその都度絞って、そこに意識を集中してチェックすること。 もちろんここでツールを使うのはOK。ただ、自動検出ツールの場合はその精度の検証を行うこと。また自動検出に頼りっきりになるとチェック感性が鈍る可能性があるので、使い方はよく考えて!

<河原感想>
職人、翻訳者としての心構え、ミスを出さない方法、翻訳会社と翻訳者との責任の線引き、等についてお話されていました。 繰り返しおっしゃっていたのは、「ミスをしないためには、視覚、聴覚、触覚といった人間の知覚をフル動員して対策をしましょう」ということです。会員の皆さんは意識の高い方ばかりだと思いますが、もし「翻訳後チェックすればいい」とか、あるいは「最終的にチェックはコーディネーターさんとチェッカーさんがしてくれるので、多少こちらのチェックが甘くてもまあいいか」とお考えになる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしていただければと思います。

齊藤さんご自身が開発したツール、WildLightはこちら→http://wordwildlight.wordpress.com/
数字の認識と色のパターン認識を同時に使ってチェックをするものです。
無料でご利用いただけるそうなので、ぜひお試しくださいね!


アメリア事務局 河原

『薔薇はつぼみのままで』

家の近くにある桜の芽が少しずつ膨らんできました。季節の移り変わりを感じる今日この頃です。

さて、本日はアメリア会員の富永佐知子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。

薔薇はつぼみのままで (ハーレクイン・イマージュ)薔薇はつぼみのままで (ハーレクイン・イマージュ)
(2015/02/27)
フィリス ホールドーソン

商品詳細を見る


富永さんからコメントをお寄せいただきました。
フィリス・ホールドーソン著『薔薇はつぼみのままで』 、久しぶりの現代ものです。
でも内容は王道のシンデレラ・ストーリーで 天涯孤独のヒロインが大金持ちの実業家に拾われてハッピーエンドに突き進みます。 いじわるなお姉さんたちもちゃんと出てきます。ロマンス好きな読書の期待を裏切らない作品です。


王道のシンデレラストーリーで、最後はハッピーエンド!もう、胸がキュンキュンしてしまいます。

富永さんはFlavor of the Monthにご登場いただいております。
⇒http://www.amelia.ne.jp/user/reading/flavor08_01.jsp
そのお人柄に、きっと誰もが富永さんのファンになってしまうはず・・・!

富永さん、いつもご連絡いただきありがとうございます。
今後のさらなるご活躍をお祈りいたします!

アメリア事務局 河原

『CD付き ボトムアップ式映画英語のリスニング 恋するブルックリン』

こんにちは
突然ですが皆さん、今日は何の日かご存知ですか
本日は、3月10日で「310(さとう)の日」なんだそうです
調べたところによると、「砂糖の優れた栄養価などを見直す日」なんだとか。
毎日のようにお菓子で砂糖を摂っていますが、今日は特に味わいながら砂糖の栄養を摂取したいと思います

本日はアメリア会員の今井由美子さんが翻訳協力された
CD付き ボトムアップ式映画英語のリスニング 恋するブルックリン』をご紹介いたします

CD付き ボトムアップ式映画英語のリスニング 恋するブルックリン (CD BOOK)CD付き ボトムアップ式映画英語のリスニング 恋するブルックリン (CD BOOK)
(2015/02/10)
森田勝之

商品詳細を見る


本作の制作に携わった今井さんからもコメントをお寄せいただきました。

リスニング教材用に書き下ろされたドラマに対訳をつけるお仕事をさせていただきました。

1.「ボトムアップ式 映画英語のリスニング ~NewYork Detective Story」
2.「海外ドラマが聴きとれる! ストーリーで学ぶ英語リスニング」

上記に次ぐ第3弾です。
1が刊行されたのは、かれこれ20年前。
リスニング教材の良書としてロングセラーになり、
4年ほど前、待望のシリーズ第2弾(医療ドラマ)として2が発売されました。
そちらも大変好評を博し、今回は恋愛ドラマ版が制作されました。

出てくる表現も、スピードも実際の海外ドラマそのものです。
手間暇かけて制作しているだけに、たいへん内容が充実しており、
このような良書に携われた事を幸せに思っております。


20年前に発売開始したシリーズ作品が、今日新たに恋愛ドラマ版として出版されるとのこと、このシリーズの人気の高さが伺えます
リスニングの教材には難しいものも多いですが、
ストーリー性もあり、楽しく読み進められるこの一冊なら続けやすそうですね☆
いつも教材を買っては途中で断念してしまう岩瀬にも続けられそうな気がします

今井さん、素敵な作品をお知らせいただきありがとうございました
今後益々のご活躍をお祈りしております

アメリア事務局 岩瀬

『「日本翻訳大賞」2次選考に三角和代さんの訳書がノミネートされました!』

今年から始まった「第一回 日本翻訳大賞」。ご関心の高い方も多いのではないでしょうか。
サイトはこちらhttps://besttranslationaward.wordpress.com/

先日、2次選考対象作品の17冊が発表され、その中にアメリア会員の三角和代さんの訳書『霧に橋を架ける』がノミネートされました
三角さん、おめでとうございます

作品はこちらです
霧に橋を架ける (創元海外SF叢書)霧に橋を架ける (創元海外SF叢書)
(2014/05/30)
キジ・ジョンスン

商品詳細を見る


三角さんから素敵なコメントをお寄せいただきました。
キジ・ジョンスン『霧に橋を架ける』はSF、ファンタジー、奇想ということになるでしょうか、さまざまな形のディスコミュニケーションを主題とした短篇集です。こちらが良作ぞろいの第一回日本翻訳大賞の二次選考対象作品のお仲間となり、たいへん光栄に思っています。フィクション、ノンフィクションを問わず推薦が募られ、広い範囲から注目されている賞ですので、普段こうしたジャンルを読まないかたがたも手にとってくださる機会となれば幸いです。

数々の受賞に輝いた11もの作品が収録されていて、私もいろいろなレビューを拝見しましたが、その独特な世界観は読む人によって受け取り方はさまざまのようで、思わず「面白そう!読みたい!」と声が出てしまいました。

これから2次選考を経て、最終選考へと進みます。三角さんの訳書が選ばれることを心より期待しております

アメリア事務局 河原

Island Under The Sea (English and Japanese Edition)

今日はまた寒くなりましたね
週末には雪も降るとか…家族の還暦祝いを計画中なのでお天気になってほしいです

さて本日はアメリア会員のYuuki Nakashimaさんが手がけた訳書をご紹介いたします。
初の出版翻訳とのこと、おめでとうございます

"Island Under The Sea (English and Japanese Edition) "
書籍画像はコチラ☆

Nakashimaさんからコメントを沢山いただきましたのでご紹介いたします。


バルバドス出身の作家で詩人、ロン・レイ氏の詩集です。
普段実務翻訳が主な私にとって初めての出版翻訳、初めての詩の翻訳。
作者の独特の世界観や言い回しを理解し、さらにそれを日本語に訳すのは難しく、
何度も作者にコンタクトを取り自分の解釈が合っているのかを確認しました。
その際、「詩は読み手によって色々な解釈ができて、時には読者に
何を言いたいのか想像させるために敢えて曖昧に書くものだと思っているから、
自由に解釈して訳して良いよ」と言われました。オリジナルを尊重しつつ
も自分の解釈を取り入れた翻訳・・・もともとある映画をリメイクする
監督のようなものでしょうか。
作者のその言葉のお陰で不安から一転、翻訳作業が楽しいものとなりました。
暗く悲しい詩が多いこの作品ですが、悲しみの中に見える美しい愛や、
自然の神秘、そしてさらには外国人から見た日本の姿も垣間見ることができます。



「バルバドス」…恥ずかしながらどこに位置するのかわからず調べました。
カリブ海、西インド諸島内に位置する立憲君主制国家で
島全体がサンゴ礁ででき、種子島と同じくらいの大きさだそうです。
(全くどうでもいい話ですが、ついでに漢字表記は巴巴多斯だそう。)

カリブ海に浮かぶ島国、美しい自然に囲まれて育ったであろう作家から
紡ぎだされる言葉は素敵でしょうね

Nakashimaさん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。

事務局 入江

『道端の経営学 戦略は弱者に学べ』

こんにちは
昨日まで寒かったのが一転、今日はとても暖かくなるようです
だんだん春に近づいてきていますね 寒いのが苦手な私は嬉しくなります
ただ、花粉症の方にとっては辛い時期になりますね
幸いなことに私は多少目が痒くなる程度ですが、家族や友人はくしゃみ、鼻水のオンパレード
父親の職場は隣に杉の木があるので、この時期は本当に辛そうです
花粉症にはこれが効く!という方法がありましたら、ぜひ教えていただきたいです

本日はアメリア会員の江口泰子さんの訳書『道端の経営学 戦略は弱者に学べ』をご紹介いたします

道端の経営学  戦略は弱者に学べ道端の経営学 戦略は弱者に学べ
(2015/02/28)
マイク・マッツェオ、ポール・オイヤー 他

商品詳細を見る


江口さんからコメントもお寄せいただきました。

一橋大学大学院教授である楠木建先生が監訳を担当して下さった1冊です。
普段はあまり翻訳や監訳のお仕事をお引き受けにならない楠木先生が、
内容のあまりの面白さに、監訳を引き受けて下さったそうです。
その経緯については、本書の解説と楠木先生のブログにも書かれています。
http://ameblo.jp/groovyken/

全体の内容としては、本書カバーにもあるように、普通の会社の現場から経営の本質を学ぶ、名門ビジネススクール教授による、かつてないMBA「課外授業」です。

本書では、3人の著者(アメリカの有名ビジネススクールの教授)が、1台のクルマに乗り込み、全米のスモールビジネス(小さな会社)をめぐる旅に出て、戦略の本質を探っていきます。
経営戦略やMBA関連の本はどうしても堅苦しくなりがちですが、
本書は3人の著者のキャラクターがとても面白く、楽しみながら読み進められる点が大きな特長です。


3人の著者が旅に出ながら経営の本質を学んでいくというストーリー性のあるお話になっています
普段あまりビジネス書を読まない方でも、これなら気軽に手に取っていただけるのではないでしょうか

江口さん、この度は訳書をお知らせいただきありがとうございました
今後益々のご活躍を楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

「知的財産翻訳検定」1級合格!

明日はひな祭りですね
週末に急いでお雛さまを出しました

ところで、皆さまは特定非営利活動法人(NPO)日本知的財産翻訳協会(NIPTA)
という団体があるのはご存知でしょうか?

アメリアも加盟しており、毎月「知的財産翻訳ジャーナル」を届けていただいています。
2月号を拝読してびっくり

アメリア会員の加納美奈さんが、NIPTAが特許翻訳能力を測るために実施している
知的財産翻訳検定の1級合格者として紹介されていて、
合格者のコメントも寄稿もされていらっしゃいました。

加納さん、合格おめでとうございます!!

加納さんは既に特許翻訳者としてバリバリご活躍されていらっしゃいますが、
改めてご自身のレベルチェックやスキルアップの目的からご受験を決意されたそうです。

その謙虚なご姿勢に、今後ますますのご活躍は間違いないと確信しました
今後も時々お仕事のお話などお聞かせいただけるととても嬉しいです

知的財産翻訳検定にご興味をお持ちの方はこちらをご覧くださいね♪

アメリア事務局 並木
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク