『伯爵からの招待状』

こんにちは
本日はもう一冊ご紹介させていただきます
アメリア会員の泉 智子さんの最新の翻訳書、『伯爵からの招待状』です


伯爵からの招待状 ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル伯爵からの招待状 ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
(2014/11/27)
アニー バロウズ

商品詳細を見る


訳者の泉さんからもコメントをお寄せいただきました。

ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャルが100号を迎えたのことで、その記念号を飾る作品です。
「人気沸騰中のA・バロウズが英国摂政期を舞台に描いた、貧しい娘と近寄りがたい隠遁伯爵のシンデレラ・ロマンス。
寒い季節にこそふさわしい、心温まる珠玉作です」(編集者コメント)
クリスマスは終わってしまったのですが……クリスマスシーズンに読んでいただくのにぴったりのお話で、ベストロマンス大賞にもノミネートされている、編集部オススメの作品です。ラストは感動で泣けます!


本作のヒロインは幼い頃に両親を亡くし、叔母に引き取られたのですが、
その叔母も全財産を預けていた銀行が破綻し、無一文に陥ってしまうという
なかなかの苦境からお話はスタートします…
が、ラストは素敵なハッピーエンドを迎えます
ベストロマンス大賞にもノミネートされているという本作、
年末年始の読書リストに加えてみてはいかがでしょうか

泉さん、訳書をお知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

『大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯』

今年も残すところあと5日ですね。
年末年始は飛行機に乗って実家に帰る予定ですが1歳の娘が満席の機内で大人しくしてくれるかどうか…
今回はお昼寝の時間帯に飛行機が取れなかったこともあり、どうなることやら…と
今から少し緊張しています

おやつに絵本、シールブックなどあらゆるアイテムを持って乗り切るつもりですが
何かおススメのアイテムがあれば教えてください


さて本日はアメリア会員の吉井智津さんの訳書をご紹介いたします。
吉井さん、訳書もお送りいただきありがとうございました


大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯 (小学館文庫)大脱走 英雄〈ビッグX〉の生涯 (小学館文庫)
(2014/12/05)
サイモン ピアソン

商品詳細を見る


吉井さんからいただいたメールを読んでいるうちに
早くも本書が読みたくなってしまったのですが、
「あの集団脱走を企てた首謀者、ロジャー・ブッシェル少佐」
描いたノンフィクションです

吉井さんからもた~っぷりコメントをお寄せいただきました。
以下、ご紹介いたします。

スティーブ・マックイーンの主演で有名な、1963年公開の映画『大脱走』の
モデルとなった、第二次世界大戦中に実際にあった200人規模の捕虜大脱走計画を
指揮した実在の人物、ロジャー・ブッシェル少佐の伝記です。
映画では、今年亡くなったリチャード・アッテンボローが演じた役で、
〈ビッグX〉ことロジャー・バートレットという名前で登場しています。

イギリス空軍の中隊長だったロジャーは、ドイツ軍の捕虜になってから、
計三回の脱走計画を実行しますが、その三回目の脱走計画が映画の題材となった
いわゆる「大脱走」です。この伝記では、前の二回の脱走についても
詳述されているのに加えて、南アフリカとイギリスでの寄宿学校生活から
ケンブリッジ大を経て法廷弁護士になり、かつ、スキー仲間に誘われて
補助空軍に入隊するという、捕虜になる以前の半生にも多くのページが
割かれており、ロジャーの人生をとおして、当時のイギリスの若者たちの
ようすを垣間見るという意味でも、
興味深い内容がたくさん詰まっています。

そしてもちろん、三度目の「大脱走」については、映画の様々なシーンが
思い起こされるエピソードがたくさん出てきます。
映画をご存じの方はもちろんのこと、映画をまだ観たことがない方にも、
不朽の名作映画が生まれる背景にあった、ドラマチックな人生のストーリーに
触れていただきたいと思います。


吉井さん、ご連絡ありがとうございました
今後のご活躍も楽しみに、そしてまたお目にかかれる日を心待ちにしております

事務局 入江

『生命創造』

こんにちは

今年もたくさんの会員さんから、ご活躍のご報告をいただきました
皆さんありがとうございました
来年もたくさんのご活躍のお話をお聞かせてください
そして、来る2015年が皆さんにとって良いお年になりますように…

本日は、アメリア会員の松井 信彦さんの翻訳書、『生命創造』をご紹介いたします

生命創造 起源と未来生命創造 起源と未来
(2014/12/26)
アダム・ラザフォード

商品詳細を見る


訳者の松井さんからもコメントをお寄せいただきました。

気鋭のサイエンスライター/キャスターが細胞を切り口に
生命の起源とこれからを最新の科学的成果を交えて
わかりやすく解説しいるのですが、170ページほどの本 2 冊を
1冊にまとめた両開きの造本になっています。

生命は細胞でできており、新しい細胞は既にある細胞が分裂してできる。
たったこれだけのことを突き詰めていくと、
動物も植物も細菌もある1個の細胞がもとになっているはず、
という結論に達します。
その「起源」となる細胞へと生命の樹をさかのぼる話が片方。

1個の細胞がもとになっているおかげで、動物も植物も
細菌も同じ DNA の文字と単語と暗号を使っています。
なので、クモの糸のタンパク質を作る暗号を
ヤギの乳腺の細胞に解読させる、などを実現している
合成生物学という最新の科学がもたしうる
新しい生命の可能性の話がもう片方。

細胞(と遺伝子工学や合成生物学)のすごさが
あらためてわかる一冊です。


高校生の頃、生物の授業で細胞について習ったことを思い出しました
普段はそんなこと気にも留めませんが、突き詰めて考えていくと、
今存在している全ての生物は、小さな一つの細胞からできているんですよね。
生命の神秘について考えさせられる一冊だと思います…

松井さん、訳書をお送りいただきありがとうございました
今後益々のご活躍を楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

映像作品四作品をご紹介!

こんにちは
寒い日が続いていますね
私は先週末、年に一回の恒例行事で友人とホテルに宿泊してきました
毎年決まったホテルに行くのですが、このホテルの朝食のオムレツがとても美味しく、
これを食べる度に、「あぁ、今年も一年頑張ったなぁ」としみじみ思います
皆さんも美味しいものを食べて、一年頑張った自分を労ってあげてくださいね


本日は、アメリア会員の長瀬万記さんが字幕翻訳を手がけられた映像作品四作品をご紹介いたします☆

『タイムリミット』

タイムリミット [DVD]タイムリミット [DVD]
(2014/09/03)
ディラン・マクダーモット、ピーター・ファシネリ 他

商品詳細を見る


『13の選択』
『ザ・デッド : インディア』
『美しき獣』
こちらは2015年1月3日より公開のため、以下のホームページから詳細をご覧ください
『未体験ゾーンの映画たち』


訳者の長瀬さんからもコメントをいただきました。

タイムリミット

ソリッドシチュエーションもののサスペンス映画です。
英語字幕があるとはいえ、ロシア語が飛び交うセリフには戸惑うこともありました。最後にどんでん返しがあります。


13の選択
ザ・デッド : インディア
美しき獣

2015年1月3日よりヒューマントラストシネマ渋谷で公開される「未体験ゾーンの映画たち」のうち、3作品を翻訳させていただきました。
不思議でちょっと怖い作品ばかり。大人が楽しめる映画です。


冬場は寒いのでついついこたつで過ごしてしまう…という方も多いかと思いますが、
大人も楽しめる映画とのこと、ぜひ劇場に足を運んでみてください☆

長瀬さん、翻訳作品をお知らせいただきありがとうございました
またご活躍のお話を聞かせてくださいね

アメリア事務局 岩瀬

『人生を、もっと幸せに生きるために―死者からのアドバイス』

今日はクリスマスですね
我が家では、毎年クリスマスは(主人が)スペアリブを作って、ささやかなパーティをするのですが、今年は準備が間に合わず、週末に持越しとなりました
皆さんはどんなクリスマスをお過ごしですか?

さて、今日はアメリア会員の安達直子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします

人生を、もっと幸せに生きるために人生を、もっと幸せに生きるために
(2014/12/12)
ジェームズ ヴァン・プラグ

商品詳細を見る


こちらはなんと、「出版持込ステーション」から採用され、刊行に至った訳書なんです
企画者の安達さん、おめでとうございます

企画書リストに掲載したのが、2012年12月から2013年3月にかけて。
2013年1月にエンジン・ルームさんより検討の申込みがあり、2月には採用決定。
そして、2014年12月に刊行となりました。とんとん拍子~!
詳細は「採用決定の企画」にて詳しくご紹介しております。
持込を検討されている方はぜひ参考になさってくださいね。

私も今読んでいますが、自分の行動や考え方を見つめ直すことができ、これからの人生にきちんと意識を向けられそうです。ご興味のある方はぜひお手にとってご覧ください。

アメリア事務局 河原

『クリスマスの3つの物語――日英対訳』

今日はクリスマスイブですね
ご近所の一角に気合いの入ったイルミネーションゾーンがありまして保育園帰りの娘と楽しんでいます。
大きなツリーにきれいなリース、光るトナカイなどなど…外国のクリスマスを楽しんでいるかのような
気持ちになります

さて、本日はそんなクリスマスにぴったりの1冊をご紹介。
アメリア会員の牛原眞弓さんが手がけた共訳書です。


クリスマスの3つの物語―日英対訳クリスマスの3つの物語―日英対訳
(2014/12)
チャールズ ディケンズ、ハンス・クリスチャン アンデルセン 他

商品詳細を見る


Amazonには残念ながらまだ画像がアップされていないようで…
訳者の牛原さんもおすすめの素敵な表紙の絵
書籍画像はコチラコチラをご覧ください。

本書はザ・クリスマスなストーリーである『クリスマス・キャロル』、『賢者の贈り物』、
『マッチ売りの少女』
で構成されています。
牛原さんは『クリスマス・キャロル』と『マッチ売りの少女』の対訳を担当されたそう。

子どもの頃に一度は読んだことのある物語を改めて対訳で読んでみるのも良いですよね。
英語&翻訳の勉強にピッタリな一冊です。

牛原さん、毎回心温まるメールをありがとうございます
今後のご活躍も楽しみにしております。


アメリア事務局 入江

海外ドラマ2作品★放送中!

ここ数年は人生最大の楽しみであるお酒 が遠のき、目下スイーツに夢中な毎日ですが
先日、スイーツ男子である夫が群林堂の豆大福をゲットしてきました。

群林堂と言えば、豆大福の王様
気の利いたコメントは書けないですが…本当に美味しかった
幸せ~な気持ちを満喫しました


さて、本日はアメリア会員の廉田牧子さんが字幕翻訳を手がけた海外ドラマ作品
ご紹介いたします。

「ギャング・イン・LA」(全13話)

FOXCRIME PLATINUM で放送中です。

サイトから作品紹介を引用します。

ヒットメイカー“ブライアン・グレイザー”(映画『アメリカン・ギャンスター』)が
手掛ける作品!ギャングによる凶悪犯罪が多発しているロサンゼルス… LA市警は組織の
精鋭を集め“ギャング特別捜査班(GTF)”を発足。うかつに潜入すれば命を落とす
一触即発の状態が続く...ギャング特別捜査班、若手ホープ “ライアン・ロペス”も
目の前で相棒を失う…。
しかし、相棒を撃ったのは彼の知る男、一番凶悪と言われるギャング・ファミリーの
一員だった。
実は、捜査班のホープ“ライアン”は訳ありの男だったのだ。
ギャングに育てられた男が3つの忠誠の狭間で揺れる、最強アクション・サスペンス!!!


映画『アメリカン・ギャンスター』は劇場で見たことがあるのですが
とても面白かったので、「ギャング・イン・LA」もぜひ見たい


続きまして、もう1作品。

「Law & Order UK」シーズン1(全13話)

こちらはSuper drama TVにて放送中。

本作品はイギリスでロングラン・ヒット中!とのこと。
犯罪サスペンスドラマの最高峰「LAW & ORDER」のイギリス版だそうで
ロンドンを舞台に、前半は刑事ドラマ、後半は法廷ドラマのスタイルを踏襲した
クライム・サスペンス


どちらの作品も全13話ですが、13話全て廉田さんが翻訳されたそうです。

廉田さん、ご連絡ありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております


アメリア事務局 入江

『ねこのルーシー』の期間限定 無料ダウンロードのお知らせ

今日はイヴですね
家族や親しい人たちと、昨日パーティーをした方も多かったのではないでしょうか?
私は雰囲気だけチキンのつもりで、夕食に鶏の手羽元照り煮を作ってみました
間一髪のところで焦げなかった奇跡の一品となりました

本日は、アメリア会員のいけや咲良さんより、
クリスマスとお正月のすてきなプレゼントをお知らせいただきました!

いけやさんのご訳書『ねこのルーシー』を、
2014年12月23日、24日、25日、2015年1月1日、1月2日
5日間限定でアマゾン・キンドルから無料ダウンロードできるそうです!

☆彡 ダウンロードはこちらから ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B00O8II0LQ/

この機会に、キンドル、iPhone、iPadなど、
皆さま各々のお気に入りデバイスへ入れて癒されましょう

いけやさん、この度はすてきなお知らせをありがとうございました

アメリア事務局 並木

『おしゃれシールブック ゆめみるウェディング』

皆さん、大掃除はお済みですか? 私は昨日、小掃除(大掃除ではなく)をしたのですが、前からずっと気になっていた窓掃除をようやくして、キレイさっぱり! あ~これで気持ち良く新年を迎えられそうです

さて、本日はアメリア会員の一杉由美さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします

おしゃれシールブック ゆめみるウェディングおしゃれシールブック ゆめみるウェディング
(2014/12)
フィオナ ワット、ヴィーキー レーヘレイ 他

商品詳細を見る


こちらは『きせかえプリンセス』につづく、シールブック第2弾となります
ウェディングドレスやケーキ、ブーケなど、女の子であれば好きなものばかりですよね
表紙を見るだけで、心がウキウキしてしまいます
プレゼントにも良さそうです

一杉さん、お知らせいただきありがとうございました。
またご活躍のお話を聞かせてくださいね。

アメリア事務局 河原




『絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで』

さて突然ですが…
皆さんは下記の場所にどんな印象をお持ちですか

英国女王の寝室/グーグル・データセンター/コカ・コーラのレシピ保管庫
CIA本部/ロンドン塔宝物庫/バチカン機密文書館/ガザ地区の密輸トンネル
ゴビ砂漠の不明建造物,etc.

実はどれも、アメリア会員の小野智子さんのご訳書で触れられている場所なんです

著しく危険なので立ち入れない。
部外者お断りのため立ち入れない。
どこにあるかが秘密なので立ち入れない。

本書は、危険・非公開・軍事機密・研究施設・都市伝説などにまつわる
世界各国の「有名な」非公開区域をビジュアルで紹介する本。

『ダイハード』や『007』、『Xファイル』など、お馴染みの映画やテレビドラマなどに
登場するエピソードや地名、秘密基地や秘密組織、史実の裏話など、
興味深いトピックスも満載

絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで
(2014/12/19)
ダニエル・スミス

商品詳細を見る

この度の訳書も調査にご苦労されたそうですが、
驚きの連続で楽しいお仕事だったそうです♪
皆さまも、ぜひお手に取ってお楽しみくださいませ。

アメリア事務局 並木

『31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話』

こんにちは
寒い日が続いていますね
皆さんはいかがお過ごしですか
私は先週の土曜日、バレーボールの試合を観戦しに行ってきました
バレーの試合の魅力はたくさんありますが、一番はなんといっても、近くで観た時の迫力
比較的コートのすぐ近くで観戦出来るスポーツなので、生で観るととても迫力があるんです
たまに客席にボールが飛んでくるのですが、元バレー部の私は
「むん」といつも打ち返しています(笑)
あまりお勧めはできませんが。。

本日は、アメリア会員の服部 由美さんの翻訳書、『31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話』をご紹介いたします


31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話
(2014/12/12)
ジェイソン・パジェット、モリーン・シーバーグ 他

商品詳細を見る


訳者の服部さんからもコメントをお寄せいただきました。


強盗に頭を殴られたことから、後天性の共感覚とサヴァン症候群となり、人生が大きく変わった米国男性の体験記です。

共感覚は、文字に色を感じたり、音に色を感じたりする特殊な知覚現象。サヴァンは、自閉症や知的障害を持ちながら、
記憶力や絵画などの分野で天才的な能力を発揮する人たちのことです。

これまでほとんど知らなかった分野の物語なので、専門用語などに苦労させられましたが、新しいことを知る楽しさもありました。

「一寸先は闇」という言葉がありますが、闇につつまれても一歩ずつ歩き出せば、ふたたび明るい場所にたどり着ける、新しい出会いがある、という希望を感じさせる物語ですので、多くの人たちに読んでいただきたいと思っています。



後天的にサヴァンになるということは、それまで見えていた世界と今見えている世界が180°変わってしまうのですから、
すごく戸惑うし、私がその立場だったら嘆いてしまうかもしれません。
でも、自分の置かれた環境をまっすぐに受け止めて、今いる場所から一歩でも進んでみると
それまで見えてこなかった、新しい発見があるのだと思います。
人間の能力というのは想像を超えるものなのだと考えさせられる一冊になるのではないでしょうか。

服部さん、コメントありがとうございました
今後益々のご活躍、楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬

『続・料理の科学 素朴な疑問に再び答えます(1)(2)』

クリスマスにお正月。この時期は美味しいものを食べる機会が多くなりますよね~。あんまりたくさん食べないように!といつも思っているのですが、誘惑に負けてつい食べ過ぎてしまう意志薄弱なワタシです・・・

さて、本日はアメリア会員のハーパー保子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします

続・料理の科学1─素朴な疑問に再び答えます─続・料理の科学1─素朴な疑問に再び答えます─
(2014/10/02)
ロバート L.ウォルク

商品詳細を見る


続・料理の科学2─素朴な疑問に再び答えます─続・料理の科学2─素朴な疑問に再び答えます─
(2014/11/25)
ロバート・L. ウォルク

商品詳細を見る


以前、こちらこちらでご紹介させていただいた訳書の続刊となります!
ハーパーさん、刊行おめでとうございます

取り上げられている疑問をちらっとご紹介しますと・・・
「玉ねぎを泣かずに切る究極の方法は?」
「ソフトクリームははぜアイスクリームよりソフトなのですか?」
「ティーパックの紅茶を入れるとき、カップを小さくすればカフェインの量も減るのでしょうか?」
「なぜスーパーの挽肉は表面が赤く、内側は茶色いのですか?」

などなど。私は玉ねぎを切る時は、なるべく目を細めて切るようにしていますが、料理をする主人は、大量に切る時なんかはがっつりゴーグルを着用しています。皆さんはどうされていますか?

楽工社の編集者さんからもコメントをお寄せいただきました。
――――――――――――
好評を博した「料理の科学」(全2巻)の続編です。
前作に続き、ピッツバーグ大学の名誉化学教授である著者が、
料理に関する素朴な疑問に、科学的な観点から楽しく回答します。
「アイスティーはなぜ濁る? 防ぐ方法は?」
「生ハーブの代わりに乾燥ハーブを使う場合、量の目安は?」
といった、誰もが感じる素朴な疑問への、科学的かつ楽しい回答が満載です。
ほんの少しでも料理をする人は、ぜひご一読下さい。
楽工社編集部
――――――――――――
私も拝読しているのですが、ほぉ~なるほどと思うものばかり。きちんと科学的に説明されているので、説得力があります。ぜひ、前作と合わせてご覧ください。

ハーパーさん、訳書をお送りくださりありがとうございました。
またご活躍のお話を聞かせてくださいね

アメリア事務局 河原

『サラダを彩る素敵な極上ドレッシングレシピ』

本日2冊目のご紹介です。
アメリア会員の岩田佳代子さんの最新ご訳書は、
極上ドレッシングのレシピ集

思わず、ほすぃ~!と叫びそうになった私です。
持ち寄りパーティーで、毎回何を作ったら良いのか悩みますが、
オシャレで気の効いたサラダをさらっと出せたら良いなぁと思います。

世界で活躍する人気のフードライターフードカメラマンが手掛けた本書では、
世界各国の57種ものドレッシングを、ビネグレット、クリーミードレッシング、
ハーブドレッシング、フルーツドレッシング、浸出油を使ったドレッシング、温製ドレッシング

の6タイプに分け、紹介しています。

シンプルな1品を味も見た目もワンランクアップさせたい、
料理のレパートリーを増やしたい、すべての人におすすめの1冊!

サラダを彩る素敵な極上ドレッシングレシピサラダを彩る素敵な極上ドレッシングレシピ
(2014/12/08)
ルイーズ・ピックフォード

商品詳細を見る


岩田さん、次の作品のお話も楽しみにお待ちしております♪

アメリア事務局 並木

『最高の休日 世界の美しい都市』

こんにちは今日も冷えますね

理想の収納計画に目覚めた私は、
ホームセンターや金物屋さんやメーカーやリフォーム会社等に連絡を取り、
集中的に動いていたのですが、動きまわる割にはなかなか目に見える
成果につながらず、疲れてしまいました!

なので焦らずノンビリ、時間をかけて取り組むことにします

本日は、アメリア会員の小野智子さんが共訳されたすてきな一冊をご紹介します!
収納計画に疲れた私も、この本でリラックスさせていただきます

『最高の休日 世界の美しい都市』 は、
世界各国の表情豊かな都市の美しい写真が満載で、
さらに各都市を探索したくなる見どころをぎゅっと凝縮してご紹介します。

マンハッタン、パリ、ロンドンといったおなじみの大都市はもちろん、
ヘルシンキ、チャールストン、プラハといった珠玉の小都市も取り上げています。

小野さん曰く、各都市の見所や新しいグルメスッポットなど、
最新情報を調査するのはとても大変だったそうですが、
旅先を検討中の方にとっても、ソファの上で自由な世界旅行を
楽しみたい方にとっても、楽しめる一冊に違いありません!

最高の休日 世界の美しい都市最高の休日 世界の美しい都市
(2014/05/16)
ナショナル ジオグラフィック、 他

商品詳細を見る


小野様、この度はすてきなご訳書をお知らせいただき
本当にありがとうございました

アメリア事務局 並木

『ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡』

12月といえば…大掃除
今年はお風呂だけ専門業者さんにお掃除をお願いしてみました。
やはりプロは違いますね 隅から隅までピッカピカで、気持ちの良い空間に
これで今年の掃除がすべて終わったかのような気持ちです

さて、本日はアメリア会員の小巻 靖子さんの共訳書をご紹介いたします


ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡ブルーノート・レコード 妥協なき表現の軌跡
(2014/10/23)
リチャード・ヘイヴァーズ

商品詳細を見る


ブルーノート初の公式本であり歴史を彩ってきた75枚のアルバムをその魅力から
音楽的功績まで細かく解説
 しているとのこと。
ジャズ&ブルーノート好きにはたまらない一冊ですね

小巻さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております。

事務局 入江
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク