『隣人』

最近、気温差が大きくて着るものに困ります・・・。来週はまた暑くなるのでしょうか。秋も好きですが、もう少し夏を楽しみたいです。。

韓国ドラマ・映画の翻訳といえばこの方、崔樹連さん!本日はDVDをご紹介いたします。

隣人-The Neighbors - [DVD]隣人-The Neighbors - [DVD]
(2014/08/29)
キム・ユンジン、キム・セロン 他

商品詳細を見る


主演はドラマ『Lost』のサン役として有名になったキム・ユンジン。背が高くてスタイルの良い女優さんなんですよね~
さて内容はというと・・・韓国映画お得意の不穏な猟奇サスペンス…です
こういうダークでバイオレンス、もっと言えばグロい映画って本当に韓国独特で、日本にはない世界観がありますよね。
私もあまり得意な方ではないのですが、どうしても気になって見てしまいます
『チェイサー』や『殺人の追憶』が面白かったという方、ぜひこちらもご覧ください。私も絶対に見ます。
ちなみに本作品は今年3月に開かれた新大久保ドラマ&映画祭2014で劇場公開されました。

崔さん、きっとこの夏もお仕事に忙殺されているのではないかと思いますが、
お体お気をつけて頑張ってくださいね。
またのご連絡を楽しみにお待ちしております

アメリア事務局 河原

『女刑事サム・ホランド 運命の情事』

今日の東京は最高気温が23度とのこと。涼しいというより肌寒い感じです。去年は10月まで半袖を着ていたというのに、今年の夏はもう終わりなんでしょうか。

さて、本日はアメリア会員の喜須海理子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします

女刑事サム・ホランド 運命の情事 (ベルベット文庫)女刑事サム・ホランド 運命の情事 (ベルベット文庫)
(2014/08/29)
マリー・フォース

商品詳細を見る


女性に絶大なる人気を誇るベルベット文庫にロマンティック・サスペンスが登場しました。

あらすじをご紹介しますと・・・
上院議員ジョン・オコナーが何物かに殺害された。折りしも、担当のワシントンDC首都警察刑事サムは、別の事件で犯したミスを取り返さなくてはならない。しかし、死体の第一発見者はかつて一度だけ熱い夜を共にした首席補佐官ニックだった。難航する捜査と、ニックへの募る想いに揺れるサム。そして事件は混迷を深めていく…。圧倒的なリーダビリティで全米を熱狂させたロマンティック・サスペンスのシリーズ第一弾!(集英社クリエイティブHPより)

著者のマリー・フォースは30作以上のコンテンポラリー・ロマンスを発表しており、いくつものシリーズを同時進行させて発表している人気作家さんだそうです。
ニックとサムを主人公とした本シリーズは現地ではすでに第7作まで刊行されており、日本でも第2作目が2015年に刊行されるとのこと。もちろん訳者は喜須海さんです!

喜須海さん、いつも訳書をお送りいただきありがとうございます。
今後のご連絡も楽しみにお待ちしております

アメリア事務局 河原

【翻訳トライアスロン2014】第3種目訳文受付開始!

最終種目!!【翻訳トライアスロン2014】第3種目<実務> の訳文受付がスタートしました。
7月、8月、9月の3ヶ月間で出版、映像、実務の3つの分野の課題に挑戦していただく
アメリアの「翻訳トライアスロン」、いよいよ最終種目のご案内です!

今年の実務課題は、オンラインマガジンの「スローフード」に関するインタビュー記事からの抜粋。
トライアスロンの実務課題でインタビュー記事を出題するのは近年でも珍しいです。
ぜひふるってご応募ください。

★締切 :9月25日(木)18時
★審査員:出版・実務翻訳者 木下裕子 氏

ご応募はこちらから⇒【翻訳トライアスロン2014 第3種目<実務>】
※アメリア会員専用ページです。

総合1位の方には“JTB旅行券 10万円分”をプレゼント 
その他種目賞、完走賞など素敵な賞品をご用意しています。

賞品一覧はこちらから⇒【翻訳トライアスロン2014 賞品】

第3種目のみのご参加も大歓迎です
この夏の思い出に、翻訳で爽やかな汗を流しませんか?
ゴールテープを持って皆さんをお待ちしています!

アメリア事務局 並木

『災害とレジリエンス―ニューオリンズの人々はハリケーン・カトリーナの衝撃をどう乗り越えたのか』

先日、真夏の炎天下のもとゴルフをしたのですが、その時に食べたのが冷凍みかん 久々に食べた冷凍みかんはあまりにおいしくて、超感激!それ以来、スーパーで小ぶりで皮が薄めのものを見つけては、せっせと冷凍みかんを作ってます…。お風呂あがりに食べると格別なんですよ~ 

さて本日はアメリア会員の保科京子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします
災害とレジリエンス―ニューオリンズの人々はハリケーン・カトリーナの衝撃をどう乗り越えたのか災害とレジリエンス―ニューオリンズの人々はハリケーン・カトリーナの衝撃をどう乗り越えたのか
(2014/07/26)
トム・ウッテン

商品詳細を見る


版元の明石書店さんのHPより内容紹介を引用します。
私たちはこの土地を離れない! カトリーナ襲来によって廃墟と化した街。目の前の悲惨な状況、政府の大失態と高圧的な態度……。この街を愛するがゆえに、過酷な試練と闘い決して屈せず、コミュニティ再生に懸けた住民と地域リーダーたちの勇気と希望の物語。

くしくも、先日広島では土砂災害で多くの方が被害に見舞われ、現在も救助活動が続けられております。
どうか一日でも早く、広島皆さんが元の生活に戻られますよう心よりお祈りしながら、こちらの本をご紹介させていただきます。

保科さん、このたびはご報告いただきありがとうございました。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしておりますね。

アメリア事務局 河原

『グッド・ドクター』

今日はとびきり暑いですね。 今年は冷夏だな~なんてのんきに構えていたら、この暑さ。いやー、溶けそうです

さて、本日はアメリア会員の崔樹連さんが字幕共訳されたDVD作品をご紹介いたします

グッド・ドクター DVD-BOX 1グッド・ドクター DVD-BOX 1
(2014/08/20)
チュウォン、ムン・チェウォン 他

商品詳細を見る


おー、チュウォン氏ではありませんか!(一時期この俳優さんにハマった時期がありまして…
天才的暗記能力と空間認識能力をもつサヴァン症候群の青年医師が小児外科医になる夢をかなえるべく日々奮闘する、ハートウォーミングなストーリーだそうです。
チュウォン氏のファンの方はもちろん、医療系ドラマがお好きな方、ドロドロ系よりほっこりラブストーリーがお好きな方におススメです

崔さん、いつもお知らせいただきありがとうございます。
崔さんのお仕事情報と私の個人的な趣味がリンクしていて、いつもご連絡いただくのを楽しみにしております。
またお待ちしておりますね!

アメリア事務局 河原

『第22回 キンダー・フィルム・フェスティバル』

夏の風物詩ともなった『キンダー・フィルム・フェスティバル』。 今年で第22回を迎えました。毎年開かれる国際交流パーティーに今年は事務局スタッフから並木と河原が参加させていただきました。

参加にあたって今回はドレスコードありということで、テーマは夏。夏を連想される格好で来場してくださいとのお達しがありましたので、浴衣を着た方がたくさんいらっしゃいました。見た目にも涼やかで、特に女性の外国人の方はピンクの華やかな浴衣を身にまとい、うちわ片手にとても嬉しそうでした。(私たちはというと、並木はブルーのワンピースで夏っぽさはありましたが、私は白いスカートに黒のジャケットとまったく夏感のない服装で…。失礼いたしました

また今回のパーティーはポットラック形式ということで、何かしら一品持ち寄りとのこと。私たちはクッキーとプレッツェルを持参いたしましたが、中にはお国の伝統菓子を持参された海外の方もいらして、バラエティ豊かな品ぞろえに初めてのポットラックパーティを楽しませていただきました。

来場者は国際色豊かで、上映された映画の監督さんや海外の映画祭に携わるディレクターさんたちなど海外からも多かったです。そのほか、声優さん、協賛企業の方々、かわいい子ども審査員たちなどなど、こういう場でないと話す機会がない方と交流がもてるのも、このパーティーならではですね。

そしてそして翻訳を担当してくださった、われらがアメリア会員の皆さん
会員のみなさまとは普段、お目にかかる機会が少ないので、こうして実際にお話しを伺えるのは本当に貴重でありがたいことと思っております。今回のお仕事についてはもちろんのこと、普段のお仕事や、アメリアに対するご感想など、たくさんお話をお聞かせいただきました。(Fさん、Tさん本当にありがとうございました!)

今回ご協力くださった会員さんをご紹介させていただきます。

『ぼくとママの追いかけっこ 』小尾恵理さん
『ブラム』鎌手美弥子さん(キンダー審査員が選ぶ キンダー・フィルム最優秀作品賞受賞 長編部門)
『ピノキオ』川岸史さん
『Finn』寺本亜紀さん(大人がえらぶ、子どもたちに見せたい映画 国際特別審査員賞受賞 長編部門)
『ZIAZAN』矢野真弓さん
『Anything Goes』森本寛子さん(キンダー審査員が選ぶ キンダー・フィルム最優秀作品賞受賞 短編部門)
『ON STOPPING THE RAIN』今井純子さん
『KOLOBOK』藤本幸子さん

皆さん、お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。
そして招待券に当選された皆さま、実際にご覧になっていかがでしたでしょうか?
よろしければ感想をお寄せいただけましたら嬉しいです。

プロと一緒に声優体験ができるワークショップがあったり、単に映画を鑑賞するだけでなく「つくる・参加する・体験する」の映画を体全体で楽しめる映画祭。
もちろん大人だって十分楽しめます!

また来年もご応募いただける機会があると思いますので、ご興味ある方はぜひチャレンジしてください!

アメリア事務局 河原

『僕はウォーホル』

台風がじわじわと北上していますね

今週末の花火大会を楽しみにしているのですが、先週末には閉じていた
降水確率をしめす傘マークが、 日を追うごとに開いてゆき、
ついに昨日には雨粒 まで加わってしまいました
年に一度の花火大会、どうにか晴れてほしいものです…!

さて、本日はとびきりPOPな1冊をご紹介します

アメリア会員の安納令奈さん の最新訳書

僕はウォーホル (芸術家たちの素顔)僕はウォーホル (芸術家たちの素顔)
(2014/06/20)
キャサリン・イングラム

商品詳細を見る


今年5月まで六本木の森美術館で開催れていた、日本では約20年ぶりの大回顧展
「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」。
本書はその作品展の会場で先行販売され、大好評で品切れ状態だったそうです

画家、イラストレーター、映像監督、プロデューサー、とマルチな顔をもつウォーホル。
「僕のことを知りたければ表面だけを見ればいい。裏側には何もないから」
という言葉を残しましたが、ミステリアスなその裏側には何があるのか、
やはり探ってみたくなりますね。

気になる内容を少しご紹介します。

20世紀の美術史において強い印象を残した、「ポップ・アートの巨匠」ウォーホル。
彼が生きた時代のエッセンスを凝縮しながら、その作品の魅力と強烈な生き様、そして
後世に残した影響をビビッドに伝えます。


ピッツバーグからNYにやってきたウォーホルが時代の寵児となって
人々の注目を集めるまでのヒストリー、彼を取り巻くゴージャスなミューズたち、
知られざる母親との秘話など、まさに「This is Warhol」という英版タイトルに偽りない内容となっています。

安納さん、貴重な作品をお送りいただきありがとうございました。
今後のご活躍を心よりお祈りいたします!

アメリア事務局 田部井

『悪魔は誰だ』『11AM』『共犯』『がんばれ、ミスターキム!』『新しき世界』

実家からアイスクリームがどどーんと送られてきました。いつもならと大喜びなのですが、今は残念ながらダイエット中… 一度に食べてしまいたい気持ちをなんとか抑えて、毎日ちょっとずつ食べております

さて、本日は崔樹連さんが翻訳を手がけられた劇場公開作品およびDVDをご紹介いたします

まずは劇場公開作品から
『悪魔は誰だ』 9/13~ヒューマントラスト渋谷にて公開 (字幕翻訳)
※公式はこちら
  http://www.albatros-film.com/movie/akumahadareda/
『11AM』 10/4~ヒューマントラスト渋谷にて公開(字幕翻訳)
『共犯』11/8~ヒューマントラスト渋谷にて公開(字幕翻訳)

 上記3作品は下記ヒューマントラスト渋谷のサイトでもご紹介しております
  <容赦なき韓国映画> http://www.ttcg.jp/human_shibuya/topics/youshanaki2014/

続いてDVDのご紹介です。
『がんばれ、ミスター・キム!』DVD-BOX1~4(字幕共訳)
※こちらはBS朝日にて6/25~現在放送中
がんばれ、ミスターキム! (完全版) DVD-BOX1がんばれ、ミスターキム! (完全版) DVD-BOX1
(2014/05/02)
キム・ドンワン、ワン・ジヘ 他

商品詳細を見る

『新しき世界』 特典映像(字幕翻訳)
新しき世界 [DVD]新しき世界 [DVD]
(2014/08/02)
イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク 他

商品詳細を見る


崔樹連さんのご活躍は下記"Flavor of the month"で詳しくご紹介しております。
ぜひ、ご覧になってください
http://www.amelia.ne.jp/user/reading/flavor85_01.jsp

アメリア事務局 河原

『シャイニング・ガール』

猛暑続きですね…早朝からセミも元気で…ギラギラ太陽 に
少し落ち込み気味になるのは私だけでしょうか
昨日は沿線で花火大会 があったようで会社帰りの車中で
浴衣姿のお嬢さん達をたくさん見かけました。風流な装いは気持ちを涼しくしてくれます

さて、本日はアメリア会員の木村浩美さんの訳書をご紹介いたします。



シャイニング・ガール (ハヤカワ文庫NV)シャイニング・ガール (ハヤカワ文庫NV)
(2014/02/07)
ローレン・ビュークス

商品詳細を見る



著者のローレン・ビュークス氏は南アフリカ作家。
時を超える連続殺人を描くタイムトラベル・サイコサスペンスです。


アマゾンより書籍内容をご紹介いたします。

荒廃した地区のその「家」は、ただの空き家に見える。
しかしそれは別の時代への通路なのだ。
1931年、導かれるように「家」にたどりついた犯罪者ハーパーは、時を超えて
次々と女性たちを殺し始める。奇跡的に彼の魔の手を逃れた少女カービーは、
新聞社のインターンになった1992年、犯人が連続殺人鬼にちがいないとの確信から、
元犯罪担当の記者とともに独自の調査を始める……。


「時を超える連続殺人」って、恐怖倍増ですね

木村さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご連絡も楽しみにお待ちしております

アメリア事務局・入江

【翻訳トライアスロン2014】第2種目訳文受付開始!

【翻訳トライアスロン2014】第2種目<映像>の訳文受付がスタートしました 

7月、8月、9月の3ヶ月間で出版、映像、実務の3つの分野の課題に挑戦していただく
アメリアの「翻訳トライアスロン」、今年も好評開催中です!

今年の映像課題は1940年代に制作された青春映画。
今年から課題掲載ページにて映像の配信もスタートしましたので、
必ず映像を見ながら訳文を作成してくださいね!

★締切 :8月25日(月)18時
★審査員:字幕翻訳家 田中武人 氏

ご応募はこちらから⇒【翻訳トライアスロン2014 第2種目<映像>】
※アメリア会員専用ページです。

総合1位の方には“JTB旅行券 10万円分”をプレゼント 
その他種目賞、完走賞など素敵な賞品をご用意しています。

賞品一覧はこちらから⇒【翻訳トライアスロン2014 賞品】

第2種目からのご参加も大歓迎です!! 
ご応募を心よりお待ちしております

アメリア事務局 並木

『建築する動物』『長閑の庭』

夏は犬の散歩時間が限られるので、早朝に散歩に行くと、いろんなワンコに出会います。あちこちで犬の集会(?)が繰り広げられ、世間話したり、わが子自慢が始まったり、それはそれで楽しいものがあります 

さて、本日はアメリア会員の川岸史さんが翻訳を手がけられた訳書を2点ご紹介いたします

建築する動物 (SPACE SHOWER BOOKs)建築する動物 (SPACE SHOWER BOOKs)
(2014/07/31)
インゴ・アルント

商品詳細を見る


ハチドリの小さな巣から、動物が生み出す最も大きな建築物のサンゴ礁まで
生き物たちの風変わりな建築術、見事な美意識をフルカラーで紹介!(
版元HPより)

こちらの原書はドイツ語なのですが、すでに英語版が出ていたので、訳者の川岸さんはそちらも参考に訳し比べてみたそうです。すると「独英訳者はこんな風に思考して英訳しているんだ」という発見がいくつもあったとのこと。

ぜひ現物を手にとってご覧ください

もう一冊はコミックです。

KISS (キス) 2014年 09月号 [雑誌]KISS (キス) 2014年 09月号 [雑誌]
(2014/07/25)
不明

商品詳細を見る


こちらは雑誌kissの9月号に掲載されている『長閑の庭』作中の日独翻訳を担当されております。

書籍、映像、コミック…本当に幅広くご活躍の川岸さん。
ご連絡をいただくたびに今回はどんなお仕事なのだろ~?と楽しみにしております
今後ますますのご活躍をお祈りしております

アメリア事務局 河原

プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク