『工事中』 in 「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」

突発的な豪雨や暴風雨があれど、今年の梅雨は雨の日が少ない気がします…
今のところ、過ごしやすい東京です。

さて、特集上映や小さめの規模の映画祭に目移りする今日この頃ですが
渋谷で6月30日より4週間限定の「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」が開催されます

その中で上映される1作の字幕翻訳を渡部美貴さんが手がけられました

『工事中』
「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」公式サイト
6/30~7/27まで渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催!

あのビクトル・エリセ監督も絶賛のスペインの新進気鋭、
ホセ・ルイス・ゲリン監督。昨年でしたでしょうか、
『シルビアのいる街で』が全国公開されましたね

「独創的な映像表現が特徴で、更に監督は日本文化に造詣が深い方です。
ほとんどの作品は東京国際映画祭で上映されてます。」と
渡部さんからもリコメンドコメントをいただきました

『工事中』はスペイン映画界のアカデミー賞とも言われる
ゴヤ賞で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した作品
数年に渡りバルセロナの霊亀七区の大規模再構築現場を記録した、社会派ドキュメンタリーです。
人々のささかやかな日常と壊れゆく風景にはきっと心も、記憶をもゆさぶられるはず

上映スケジュールはこちらです。
こんなに集めて見られる機会はなかなかありませんよね
貴重な特集上映です。ぜひ


アメリア事務局
中川

二階堂行彦さん翻訳・『サイエンス入門 』

梅雨寒の月曜日です…
今日は20℃にもいかないとかなんとか…こう寒暖の差が激しいと
体調に響きそうですね。みなさまもお気をつけください

さて、今日は二階堂行彦さんが翻訳を手がけられた
一般向けサイエンスシリーズの続刊のご紹介です

サイエンス入門〈2〉サイエンス入門〈2〉
(2012/06)
リチャード・A. ムラー

商品詳細を見る


同じく楽工社さんから刊行されている、
『今この世界を生きているあなたのためのサイエンスⅠ・Ⅱ』
姉妹版となるシリーズの2冊目がいよいよ発売となりました

カリフォルニア大学バークレー校の物理学教授による本書は
学生の投票によって決まる「バークレー校のベスト講義」
選ばれた文科系学生に向けた講義に基づいており、内容の濃さにも関わらず
とてもわかりやすく解説されているのが何よリの特徴です

『今この世界に~』が時事問題を軸として構成されている一方、
こちらの『サイエンス入門』シリーズはよりオーソドックスな
教科書スタイルでまとめられています。読みながら物理学が現代の国際問題と
どのように関係しているのかがわかると、さらに面白くなっていくはず

核兵器や平和利用の問題、レーザーやX線など話題として耳慣れていても
そもそもの仕組みや原理がわからず…どうやって考えればいいの…
と、もどかしい思いをしている方にはぜひ読んでいただきたいシリーズです。

二階堂さん、お知らせありがとうございました
これからもご活躍をお祈りしています。


アメリア事務局
中川

『特捜部Q ―Pからのメッセージ』・『心を上手に操作する方法』

今朝、土砂降りの雨の音で目が覚めてしまいました
通勤時間には落ち着いていましたが、最近暴風雨の勢いが増しているような…
週末は晴れ間となる地域が多いようでホッとひと安心です

さて、本日は2冊の訳書をご紹介します

まず1冊目は、吉田薫さんと福原美穂子さんの共訳書
『特捜部Q ―Pからのメッセージ』です。
吉田さん、ご献本いただきありがとうございます。

特捜部Q ―Pからのメッセージ― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)特捜部Q ―Pからのメッセージ― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/06/08)
ユッシ・エーズラ・オールスン

商品詳細を見る


本を閉じているときのビビッドな黄色がとても素敵
ハヤカワ・ミステリならではの装丁、根強いファンが多いのですよね~

順調な刊行が続いている「特捜部Q」シリーズ第3弾となる本作で
カール・マーク警部補とアシスタントのアサド&ローセが挑む
難事件は海辺に流れ着いたボトルメールの謎
「助けて」と悲痛な叫びが残された手紙にはPで始まるサインが。
誘拐されたと思われるP、しかし過去の記録に該当する事件は見当たらず…

新作の度に面白さが増すと評判を呼んでいる特捜部Qシリーズ、
今後の展開にも期待・大です

そしてもう1冊は、福原美穂子さんの訳書
『心を上手に操作する方法』

心を上手に操作する方法心を上手に操作する方法
(2012/06/28)
トルステン・ハーフェナー

商品詳細を見る


ドイツで35万部、日本でも10万部も売れたといわれる
前作『心を上手に透視する方法』は書店の平積みや
電車の広告で見たことのある方も多いのでは。

前作は「観察力」を生かした「マインド・リーディング」の
テクニックに関する書籍でしたが、本書はその実践編として
ウソの見破り方など他人や自分の心を“操る”
驚く心理テクニックが紹介されているのだそう

身近な人とのよりよいコミュニケーションに向けて
スパイスになるかもしれません
発売は、来週6月26日とのことですのでお楽しみに…

吉田さん、福原さん、これからもご活躍をお祈りしています


アメリア事務局
中川

『危険な愛の行く手に』

今日はこれから西日本より雨模様になるとか…
影響範囲が心配です。みなさん、くれぐれもお気をつけくださいね

さて、今日は市ノ瀬美麗さんの最新訳書をご紹介します。
日本でも人気のあるマヤ・バンクスの<KGIシリーズ>の第2作目

危険な愛の行く手に (マグノリアロマンス)危険な愛の行く手に (マグノリアロマンス)
(2012/06/08)
マヤ・バンクス

商品詳細を見る


市ノ瀬さんからもコメントをいただきました。
いつもありがとうございます~

 今回の主役は、ケリー家6人兄弟の長男サムです。
 前作に引き続き、ロマンスあり、アクションあり、
 サスペンスありで、とても読み応えのある作品になっています。

 本シリーズはアメリカではすでに4作目まで発売されており、
 他の兄弟の活躍が気になるところです。


危険な任務につきながらヒロインを想うサムと
お腹の子どもを守ろうとする健気でタフなソフィの
ハラハラロマンス
一気読み間違いなしです

市ノ瀬さん、刊行おめでとうございます
シリーズ続刊のお知らせも楽しみにお待ちしています

アメリア事務局
中川

DVD・Blu-ray『1911』・訳書『教会建築を読み解く』

昨日とはうってかわって台風一過の晴れ間です
去年がどのくらい暑かったか忘れてしまいましたが、
東京は今年初の30℃越えだそうで……アイスが恋しい季節ですね

閑話休題。

今日はDVD&Blu-rayと訳書のご紹介です
まずは、木村佳名子さん、藤原由希さんが
吹替版を手がけられた『1911』です

【初回生産限定】 1911 [DVD]【初回生産限定】 1911 [DVD]
(2012/06/08)
ジャッキー・チェン、リー・ビンビン 他

商品詳細を見る


辛亥革命100周年を記念し、ジャッキー・チェンが
主演とともに総監督も努めた歴史大作『1911』
アクション、ドラマ、コメディ…ほんとうに色々な映画で
全身全霊の存在でファンを魅了し続けるジャッキー・チェンですが
本作では実にシリアスな革命の現場を駆け回る孫文の参謀、黄興を演じています

一人ひとり、生の人間がいたんだなぁと想像力が羽ばたきます。
歴史映画好きな方はぜひチェックしてみてくださいね


もう1作は静謐な雰囲気が漂う訳書、『教会建築を読み解く』です

教会建築を読み解く (GAIA BOOKS)教会建築を読み解く (GAIA BOOKS)
(2012/06/08)
デニス・R・マクナマラ

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは田中敦子さん。
スペシャルコンテストをきっかけに同社とのご縁が続いていらっしゃるのだそうです。
刊行おめでとうございます

本書はキリスト教の教会建築鑑賞のためのコンパクトガイド。
聖書時代の神殿から中世のゴシック聖堂、また21世紀型
ポストモダン建築に至るまでの様々な変遷が集約された1冊です

「人々は教会を建てることで、神の創造の世界を表現しようとした。
 教会建築にまつわる歴史や知識、詳細な解説により、その崇高で
 輝かしい創造の姿が明らかになる」…Amazonの紹介文より引用


海外旅行で教会を訪れ、歴史と雰囲気に圧倒された
経験をお持ちの方も少なくないのでは。
建築そのものの魅力にうっとりするのみならず、キリスト教への
理解を深める切り口としてもおススメです


アメリア事務局
中川

土屋晃さんの最新訳書

蒸しますね~
東京は明日から雨ですが気温は変わらずでさらにムシムシしそうです


さて本日は土屋晃さんの訳書をご紹介いたします。
人気シリーズ第7弾ディーヴァーの新作
土屋さん、ご献本ありがとうございました。

フェニキアの至宝を奪え(上) (新潮文庫)フェニキアの至宝を奪え(上) (新潮文庫)
(2012/05/28)
クライブ カッスラー、ポール ケンプレコス 他

商品詳細を見る


フェニキアの至宝を奪え(下) (新潮文庫)フェニキアの至宝を奪え(下) (新潮文庫)
(2012/05/28)
クライブ カッスラー、ポール ケンプレコス 他

商品詳細を見る


NUMAファイル・シリーズ第です。
古代フェニキアの彫像の秘密をめぐり事件勃発
驚くべき時空探求の旅が始まります。
見え隠れする秘密結社の影を感じながら
世界の宗教地図を塗り替えかえない古代史の真実」に迫ります。


そして、もう1冊。

追撃の森 (文春文庫)追撃の森 (文春文庫)
(2012/06/08)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る

ジェフリー・ディーヴァーの新作が文庫オリジナルで刊行されました。
二人の女 vs 二人の殺し屋」。
知力を駆使した戦いを描いた超緊迫サスペンス

ディーヴァー氏の本を読むと緊張しすぎて肩が懲ります。
でも止まらないんですよね~


アメリア事務局・入江

アニメおさるのジョージ『とんでとんで』『つまって、あふれて』

最近梅雨の晴れ間に更新している気が……
なんとなく気持ちも晴れ晴れするのでしょうか

さて、今日は親子でほっこり楽しめる絵本のご紹介。
山北めぐみさんが翻訳を手がけられている
「アニメおさるのジョージ」シリーズの第2弾~

おさるのジョージとんでとんで―アニメおさるのジョージとんでとんで―アニメ
(2012/05/31)
マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイ

商品詳細を見る


 温まると上にのぼる空気の性質をつかった熱気球
 うっかりロープがほどけてしまってジョージは空の旅へ……

おさるのジョージつまって、あふれて―アニメおさるのジョージつまって、あふれて―アニメ
(2012/05/31)
マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイ

商品詳細を見る


 あたらしいおもちゃと一緒に楽しくお風呂に入るジョージ
 おもちゃが浮かんでこなくて変だな、と思っていたら
 キッチンまで水浸しに……

NHK Eテレ・BSプレミアムで放映中の「アニメおさるのジョージ」絵本、
第2弾のテーマは「熱気球」と「水道のしくみ」です。

「お兄ちゃん、お姉ちゃんにも楽しんでもらえるような内容になっています」と山北さん。

そうなんです。第1弾にくらるとジョージのイタズラも
ちょっぴりレベルアップして、スケールが大きくなっています
第2弾ではトラブルを解決するために大人の力を借りたり、
ものごとの成り立ちや性質、仕組みを学んだり…

大人からすると、一度はやったことがあるな~と思わず
共感しちゃいそうなイタズラをきっかけに、
少しずつまわりのことを学んでいくジョージ。
ご家族みんなでなごめるシリーズです

山北さん、楽しいお話とご献本をいつもありがとうございます。
またのご連絡も楽しみにお待ちしています


アメリア事務局
中川

『エネルギー倫理命法~100%再生可能エネルギー社会への道』

今日は爽やかな梅雨の晴れ間ですね ん~お洗濯日和

さて、本日は今何より日本人が、世界が考えなければならない
テーマを取り上げたこちらの書籍をご紹介いたします。

エネルギー倫理命法―100%再生可能エネルギー社会への道エネルギー倫理命法―100%再生可能エネルギー社会への道
(2012/05)
ヘルマン シェーア

商品詳細を見る


アイクマイヤー・ユミコさんほか4名の方が共訳を手がけられた本書は、
ドイツの再生可能エネルギー法(EEG)、国際再生エネルギー機関(IRENA)の
生みの親として世界的に知られるヘルマン・ シェーア氏による著作です。

福島第一原子力発電所の事故以降、率先して公式に脱原発に舵をきったドイツ
ドイツを脱原発に踏み切らせた理論と政治的葛藤を描く本書には
日本人一人ひとりが学ぶべきことがたくさんあるはず……

多くの識者が指摘し、またあのときおそらく日本人の誰もが感じたように
原子力問題を考える指針はビジネスのルールでは決してなく、
あらゆる生命に対する倫理的な判断に基づくべきなのではないか。
そもそも本当に必要かどうか、エネルギー量や生み出し方、使い方もふくめて
長期的な視点で問題を考えるためにも、ぜひ手に取りたい書籍です。

アイクマイヤーさん、貴重な書籍のご報告ありがとうございました
これからもご活躍をお祈りしております。


アメリア事務局
中川

『ゴーイング・バーティカル』、『サンクチュアリ シーズン4』

6月も中旬に差し掛かりいよいよ梅雨模様でしょうか。
紫陽花やかたつむりをよく目にするようになりました

さて、今日も2本の映像作品をご紹介します!
まずは渡部美貴さんが字幕を手がけれらた劇場公開作
『ゴーイング・バーティカル』です。

『ゴーイング・バーティカル』
6月16日より新宿K's cinemaにて上映のほか、大阪、名古屋でも順次公開!

新しいものを作り出そうとする爆発的なエネルギーが充満する1960年代、
ロングボードが主流だったサーフィンにショートボードをもたらした
実質的な革命が誰の手によるものだったのかは謎に包まれたまま…
有力候補としてあがるオーストラリアのボブ・マクタビッシュか
アメリカのディック・ブリュワーか…
(参考:公式サイトより)

あの時代の熱気、稀有な二人のストーリーを
アカデミー賞ノミネート監督、デビッド・ブラッドベリーが
上質なドキュメンタリーに いよいよ今週末より公開です

そしてもう1作はユニバーサル・チャンネルで放送される
ファンタジー・アドベンチャーシリーズ

サンクチュアリ シーズン4

シーズン4の字幕翻訳を手がけられたのは有尾さゆりさんと渡部美貴さん。

世に潜むアブノーマル(遺伝子変異種)の捕獲、研究を行う
巨大ラボ“サンクチュアリ”。ヴァンパイアの輸血を受けた才媛、ヘレン・マグヌス博士と
有能チームの活躍がアクション満載で描かれる人気シリーズです

世界最長のSFドラマ、『スターゲイト』シリーズの制作陣が
当時最先端キャメラであるREDをつかって映像の9割をグリーンバックで
撮影したことでも話題になった本シリーズもいよいよフィナーレを迎えます

見所満載のシーズン4ではなんとミュージカル・エピソードもあるのだとか
放映予定は6月23日(土)22:00より。こちらもご注目ください

有尾さん、渡部さん、これからもご活躍をお祈りしています


アメリア事務局
中川

吉澤康子さん翻訳 『新人警官の掟』

爽やかな気候、続け~とねがってしまうような清々しいお天気

本日は長く愛され続けている刑事ミステリシリーズ、待望の最新刊のご紹介です

新人警官の掟 上 (創元推理文庫)新人警官の掟 上 (創元推理文庫)
(2012/05/30)
フェイ・ケラーマン

商品詳細を見る


新人警官の掟 下 (創元推理文庫)新人警官の掟 下 (創元推理文庫)
(2012/05/30)
フェイ・ケラーマン

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは吉澤康子さん。
デッカー刑事&リナのカップルが活躍するシリーズ第12弾となる本作では、
デッカーの元妻との間の娘、シンディが主人公

父と同じ警官の道を歩み、25歳の新人警官として
仕事や人間関係、恋に悩みながらも事件に巻き込まれていき…
鼻っ柱が強く負けず嫌いなシンディとベテラン刑事である
父デッカーとの関係、また周囲の人々とのやり取りも面白く、
読み進めるスピードもぐんぐん加速してしまいます

息の長いこのシリーズ、なんと現地でデビュー作が書かれてから今年で26年目
日本での翻訳版が刊行されてからは19年になるのだそうです

それぞれのキャラクターと関係性の変化と読者自身の変化がシンクロしたり、
少しずつ印象や感想も変化していくのもまた面白いですよね。
フィクショナルなキャラクターたちが地球上のどこか別の場所で
この時間にも生活しているような…親密感も味わえる魅力的なシリーズです

吉澤さん、ご献本もいただきありがとうございました
これからもご活躍をお祈りしています。


アメリア事務局
中川

祝・文庫化!栗原百代さん翻訳『リヴァトン館』

6月が始まりました~
今週は晴れ間が多そうですが、心なしかムシムシしてきましたね。
少しずつ梅雨が近づいているようです

さて、大評判を呼んだミステリが文庫化されました
栗原百代さんが翻訳をされた『リヴァトン館』です

リヴァトン館 上巻 (RHブックス・プラス)リヴァトン館 上巻 (RHブックス・プラス)
(2012/05/10)
ケイト・モートン

商品詳細を見る


リヴァトン館 下巻 (RHブックス・プラス)リヴァトン館 下巻 (RHブックス・プラス)
(2012/05/10)
ケイト・モートン

商品詳細を見る


老人介護施設で暮らす98歳になるグレイス。
かつて美しい姉妹に仕えていた彼女の元に一通の手紙が届く

一族の“悲劇”の映画化を希望する若き女流映画監督からの
インタビュー依頼であったその手紙をきっかけに、
心の奥底にしまいこみ、墓まで持っていくと誓った秘密が
いま、こぼれ始める…

「過去につきまとわれる現在」、「抑圧された記憶の再生」、「家族の秘密へのこだわり」
「継承の重要性」…ゴシック小説の研究者でもあるケイト・モートンがつむぐデビュー作には、
もちろんその技法や主題が盛り込まれ、その語りの魅力にはぐんぐん引き込まれてしまいます。
物語を読む喜びに出会える良質な作品が手に取りやすい文庫版になったことで
さらに多くの読者が充実した読書体験を迎えるのではないでしょうか

栗原さん、ご献本のお心遣いに感謝申し上げます。
スタッフ一同、これからもご活躍をお祈りしております


アメリア事務局
中川
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク