『レ・ミゼラブル ―ファンティーヌとコゼット―』

ぽかぽか暖かな日ですね。
桜も咲きはじめ春の訪れを感じます

本日ご紹介する訳書は絵本『レ・ミゼラブル ―ファンティーヌとコゼット―』。
翻訳はアメリアWebサイトのコラムにも登場してくださったことのある河野万里子さんです。


レ・ミゼラブル―ファンティーヌとコゼット (愛蔵版 世界の名作絵本)レ・ミゼラブル―ファンティーヌとコゼット (愛蔵版 世界の名作絵本)
(2012/03)
ヴィクトル ユゴー、リュック ルフォール 他

商品詳細を見る



本書は「愛蔵版 世界の名作絵本」
美術館にいるかのような気持ちにさせてくれる格調高くどっしりとした挿絵がとても印象的です。

一つ一つの言葉が素敵な世界観を作り上げ、独自の雰囲気をかもし出しています。
登場人物の性格や時代背景も伝わってくるので、すぐに『レ・ミゼラブル』ワールドに惹きこまれちゃいます

河野さんからとても素敵なコメントもお寄せいただきました


ミュージカルなどでもおなじみの感動大作『レ・ミゼラブル』。
これは、その長大な物語の前半部分、薄幸の女性ファンティーヌと娘コゼットに
焦点をあてた、フランスの名作絵本の翻訳です。

司教の神のような心、苦境にある人々を身を投げ出しても救おうとする
ジャン・ヴァルジャンの愛と正義、ファンティーヌのせつなさとコゼットのけなげさ。
そして、刑事ジャヴェールとの手に汗握る対決、運命の不思議なめぐりあわせ――。
物語の躍動感と深さは、美しい本のつくりと重厚な挿絵からも伝わってきます。

訳者としては、子どもでも読みやすい文章の流れとことばの響き、
そして大人でも心を動かされる心理描写や情景描写をめざして、
日本語を綴りました。巻末の解説を読んでいただくと、フランス・ロマン主義の
最高傑作とうたわれているこの作品の全体像も、見えてくる仕組みになっています。
入門編として、また愛蔵版として、おすすめしたい一冊です。



河野さん、ご担当のKさん、ご献本いただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております

アメリア事務局・入江

福井久美子さん訳書『最強スパイの仕事術』

3月もいよいよ終わりに近づいてまいりました。
年度末で何かと慌しいこの時期、体調管理には十分にお気をつけください
かくいう私は週末に思いっきり風邪をひき、いまだ治らず…あぁ早く良くなりたいっっ

さて、気を取り直して本日は仕事術に関するこの1冊をご紹介

最強スパイの仕事術最強スパイの仕事術
(2012/02/16)
ピーター・アーネスト、マリアン・カリンチ 他

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは、福井久美子さん。

どこかで聞いたことのあるタイトル…と思えばそれもそのはず
花塚恵さんが訳された『最強マフィアの仕事術』の姉妹本に
あたるのだそう

元CIAのスパイが、スパイのテクニックをビジネスで
応用する方法を伝授するという内容とのことですが、
その中でも特徴的なのはCIAの人材育成&組織術

裏切りで命を落とすことになるスパイ組織にとっては
どのような人材を集め組織を形成するかがまさに肝となる部分。
実にシビアな環境から編み出されたエッセンスは、
どのような組織にとっても参考になるはず

人知れず相当の働きをするスパイに学ぶ仕事術というと
切り口はとてもキャッチーですが、超有能な“仕事人”から
学ぶ内容はどれも実践的で刺激になりそうです。
『マフィア』も話題になりましたが、こちらも熱い視線が
注がれそうな1冊ですね

福井さん、これからも魅力的な書籍をぜひご紹介ください
またのご連絡を楽しみにお待ちしています


アメリア事務局
中川

青海まこさん『一夜だけでも』・金井真弓さん『幸せがずっと続く12の行動習慣』

今日あたりからようやく暖かくなりはじめるようです
遅めの桜も少しずつ咲き始めるでしょうか。来週はいよいよ4月、新年度が始まります

さて、今日も会員の方の訳書2冊のご紹介です。
まずは青海まこさんの『一夜だけでも』。

一夜だけでも (ハーレクイン・ロマンス)一夜だけでも (ハーレクイン・ロマンス)
(2011/06/17)
サラ クレイヴン

商品詳細を見る


 「いくら払えば、今夜僕と過ごしてくれるかな?」
 突然訪ねてきた男性の問いに、マリンはショックを受けた。
 よくよく聞けば、決して変な意味ではなく、彼の同伴者として
 姉の代わりにパーティに出席してほしいという。

 名うてのプレイボーイとして知られていたジェイクの危険に満ちた
 雰囲気に臆したものの、失業の危機にあった彼女は、多額の報酬に
 屈して承諾する。だがジェイクの身勝手な思惑から、次の週末も、
 マリンは彼の恋人として過ごす羽目に陥った。
 (参考:Amazonより)


報酬が目当てで恋人役を演じていた女性はいつしか本物の恋人に
なりたいと願うようになるのですが…。切ない物語にぐぐっと引き込まれます

そしてもう1冊は『幸せがずっと続く12の行動習慣』

幸せがずっと続く12の行動習慣幸せがずっと続く12の行動習慣
(2012/02/16)
ソニア・リュボミアスキー

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは、金井真弓さん。

近年注目が寄せられているポジティブ心理学に関する自己啓発書。
調子の悪い部分を元に戻すような治療を目的とする心理学ではなく、
日常をより充実したものにするために研究が進められている分野なのだそうです

先日の来日で話題になった世界一幸せな国ブータンの秘密をはじめ、
幸せな人を観察し研究することで、「幸せが長続きする方法」や
幸福度の高め方」を科学的に証明してみようという試み。
幸せの形は一人ひとり違うものではありますが、
自分らしい幸せに少しずつ近づくヒントとなるかもしれません

青海さん、金井さん、いつもご献本のお心遣いありがとうございます。
これからもご活躍をお祈りしています


アメリア事務局
中川

『人を魅了する』

明日からようやく 春本番 だそうです。
今朝、お天気お姉さんからようやくこの言葉が出てきてくれて
ホッとしたのは私だけではないはず…

数年前より発症してしまった花粉症 に悩まされてはいますが、
それでも春は嬉しいもの
暖かくなるだけで幸せな気持ちが増しますね

さて、本日ご紹介する訳書は『人を魅了する』です。
海と月社さんの新刊で翻訳は依田卓巳さん。
Mさん、ご献本いただきありがとうございました


人を魅了する 一流の職業人であるための技術人を魅了する 一流の職業人であるための技術
(2012/03/01)
ガイ・カワサキ

商品詳細を見る


海と月社さんとのお付き合いを通じて、すっかりファンになってしまったガイ・カワサキ氏
カワサキ氏はアップルの元チーフエバンジェリストにして全米屈指のベンチャーキャピタリストです。

「人を魅了する」→「一流の職業人であるための技術」。
本書の冒頭で「25年間、いかに魅了するかを考えつづけた」と著者は述べます。

カワサキ氏の本を読んでいていつも感じることではありますが、
テンポの良さ、情熱、うなずきすぎてしまうほどの共感ポイントがあり
熱血セミナーを受けているような気持ちになります。

加えて本書は暑苦しいわけでもなく、きれいごとだけというわけでもなく、
清々しい誠意にあふれ、人間らしさを感じるところも魅力的
いつの日か遠くからでもいいのでご本人を見てみたい…という気持ちにもなり
すっかり本書だけで魅了されてしまっている私です。

精神論だけではなく、読み終わった瞬間から活用できるアイデアも満載。
「魅了されたストーリー」という読み物もあり満足感の高い1冊です。

本書のカバー秘話もなかなかいいですよ

翻訳のお仕事だけではなくどんなお仕事にも通じることですが
技術力だけではなく、最後はやはり「人間力」が大切なのだと感じます。
「人を魅了」できるようにカワサキ氏の力を借りて、益々精進しようと思ったのでした。

とても明るい前向きな気持ちになれるので、ぜひ読んでみてくださいね


アメリア事務局・入江


草鹿佐恵子さんロマンス訳書・千代美樹さんの実用訳書のご紹介

朝晩はまだひんやりしますが、春分の日が過ぎ春気分が高まってきましたね
明日からまた雨マークですが週末、晴れてほしい~

さて、今日は訳書2冊のご紹介です

まずは1冊目、ロマンスをはじめコンスタントに訳書を
出されている草鹿佐恵子さんの最新訳書です。

悪魔に嫁いだ乙女 (マグノリアロマンス)悪魔に嫁いだ乙女 (マグノリアロマンス)
(2012/03/09)
ローリー・マクベイン

商品詳細を見る


端的で素敵なタイトルです。
草鹿さんからもご紹介コメントをいただきました

 かつてモダン・ロマンスの旗手ともてはやされながら
 たった7作で引退してしまった伝説の作家によるデビュー作です。
 最近のものとは少々違った味わいの(でも古臭くは感じられない)
 ヒストリカル・ロマンスを読者の皆様に楽しんでいただければ、と思います。


多作な作家さんが多いロマンス。7作しか残していないとなると、
1冊1冊がさらに愛おしくなってくるもの
長く愛されている作家さんの作品ならなおさらですね。
昔ながらのロマンスを味わいたい方はぜひ

そしてもう1冊は、おいしい香りが漂ってきそうなこちら

DOUGH パン生地 (GAIA BOOKS)DOUGH パン生地 (GAIA BOOKS)
(2012/03/01)
リチャード・バーティネット

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは千代美樹さん。

シンプルな5種類のパン生地・・・
白い生地、オリーブの生地、茶色い生地、ライ麦の生地、甘い生地
をベースに、なんと50種類以上のパンが並ぶレシピ集です
こちらも千代さんからコメントをお寄せいただいちゃいました

 よく知られた「強くこねる」方法とは違う、フランス式の優しく
 「働きかける」方法で生地を作るので、シンプルな最低限の材料だけで
 空気をたっぷり含んだおいしいパンを作ることができます。

 わたしも翻訳の合間にほとんどのパンを作ってみましたが、
 素朴な味わいのものが多く、どれもなかなかおいしいです!
 (ほとんどのものはヘルシーです)


豊富な写真が魅力の産調出版の書籍。本書も写真が美しい本です。
生地の作り方を著者自らが実演しているDVDもついているとのこと
すぐに試せそうで嬉しいですね。私も試してみたいです~

草鹿さん、千代さん、これからもご活躍のお話を楽しみにお待ちしています


アメリア事務局
中川

渡部美貴さん字幕翻訳DVD・渡辺亜矢さん初訳書のご紹介

日陰に入ると冷え冷えですが良いお天気が続いて気持ちが良いですね~
春はもうすぐでしょうか…

今日も2作品をご紹介します。
まずは、渡部美貴さんが字幕翻訳を手がけられたホラーDVDです

レコード~シッチェス別荘殺人事件~ [DVD]レコード~シッチェス別荘殺人事件~ [DVD]
(2012/01/20)
ラファエル・アマヤ、クリスチャン・バレンシア 他

商品詳細を見る

2010年、スペイン。別荘地で一家の惨殺死体が見つかり、
迷宮入りしそうな事件ゆえに警察は彼らが亡くなるまでの
映像を公開することに。どうやら主人公一家の兄妹は
その森についての都市伝説を調べていたようですが…。
かつての『ブレアウィッチプロジェクト』を思い起こす展開です

翻訳を手がけられたのは夏だったようなのですが、
やっぱり夜に翻訳を進めることはできなかった、と仰る渡部さん。
寝る前にこういう作品とみっちり向き合ったら
夢に出てきそうですよね…まさに悪夢……


そしてもう1作は、渡辺亜矢さんの初めての訳書のこちら

ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略() (超知ライブラリー 73)ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略() (超知ライブラリー 73)
(2012/02/29)
レオナルド・G・ホロウィッツ

商品詳細を見る


渡辺さん、刊行おめでとうございます~

さて、気になる内容です。
時代を超えた愛の伝道師、ジョン・レノンはもちろん
ミュージシャンではありますが殺害と周波数がどう関係あるの
と思われたあなたのために、版元の徳間書店さんのサイトより
書籍の内容を転載させていただきます。

 528Hzという周波数には驚くべきパワーが秘められている。
 地球の磁場8Hzを66倍したこの周波数は、グレゴリオ聖歌にも
 使われ、傷ついたDNAを修復する力をもつ。
 しかし、世界大戦のはざまでロックフェラー財団と米国海軍は、
 聴く者の攻撃性を増す「A=440Hz」を発見。軍事利用と、国際
 標準に制定し現代音楽に取り込まれる。 本書では、これらの
 陰謀を暴き、抑圧されてきた528Hzに光を当て、愛と健康を
 取り戻そうと呼びかける。


ジョン・レノン殺害の実行犯マーク・チャップマンの動機や
状況については様々な憶測が飛び交っていますが、この周波数の
操作により催眠状態になっていたという説があるのですね。
また、528Hzは上にもあるとおり癒しの周波数とも言われており、
放射線により傷ついた細胞を修復できるのでは、と話題になっているそうです

音波が身体に、精神に、どう影響を及ぼすのか。
さらなる興味が湧いてきそうな1冊です。

渡部さん、渡辺さん、ご連絡ありがとうございます
ますますのご活躍をお祈りしています


アメリア事務局
中川

栗原百代さんの最新訳書2作品のご紹介です

本日は栗原百代さんの最新訳書2作のご紹介
ノンフィクション&フィクション、どちらも読み応えのある書籍です。

まずはこちら『資本主義が嫌いな人のための経済学』

資本主義が嫌いな人のための経済学資本主義が嫌いな人のための経済学
(2012/02/09)
ジョセフ・ヒース

商品詳細を見る


一般読者向けの「経済学」入門・解説本は数あれど、本書は
哲学者が経済学を語るというユニークな名著 
約10カ国で翻訳版が刊行され、世界各地で多くの読者に読まれている人気書籍です。

なぜ哲学者が、経済学についての本を著したのか
栗原さんの訳書あとがきで触れられているのですが、それは
「日々の生活においては人も組織も社会的・政治的な意見を
述べる裏づけとして、経済学的な主張を用いる」一方で、
世間での正しい理解や経済学的な思考法には誤りが多いという事実が
あるためです。これは容易に実感できることではないかと思います。

保守派・リベラル派それぞれの立場の誤謬の批評を追いながら、
各派の論理とシステムが客観的に捉えられるようになってきます。
もちろん難しい部分もあるのですが、それでも手に取らないのはもったいない
私も本書で勉強を始めようと思います

そしてもう1作品は3月末より日本でのロードショーも予定されている『ヘルプ』の原作書籍

ヘルプ (上) 心がつなぐストーリー (集英社文庫)ヘルプ (上) 心がつなぐストーリー (集英社文庫)
(2012/02/17)
キャスリン・ストケット

商品詳細を見る

<
ヘルプ (下) 心がつなぐストーリー (集英社文庫)ヘルプ (下) 心がつなぐストーリー (集英社文庫)
(2012/02/17)
キャスリン・ストケット

商品詳細を見る


1960年代、アメリカ南部では家事・育児を黒人メイドに任せ、自分はお友達と
享楽に励む白人家庭の妻たちの姿がありました。自分たちの世話をし、代わりに子どもを
育てる黒人家政婦たちを差別し見下す、それを当たり前のこととして疑わない価値観。

そうした風景の中でも、母親代わりの彼女たちの愛情に包まれ、
また彼女たちを愛しながら育った少女たちの中に、著者もいました。
立場の違い。わかりえない、埋らない溝。
でも人間としての違いはそんなに大きいものだった

勇気を出して動き始めた女性たち。
シンプルなタイトルに込められた思いは、普遍的な感情を
呼び起こす物語となって読者の胸を打つはず。
多くの方が手に取られることでしょう


栗原さん、いつもご献本のお心遣いを賜りありがとうございます。
これからも素敵な書籍をご紹介いただけますこと、
一読者としても楽しみにしております


アメリア事務局
中川

富永佐知子さん翻訳ロマンス・服部由美さん翻訳ビジュアルブック

花粉症のみなさん、一昨日、昨日とすごかったですよね。
私は年季の入った花粉症で毎年病院でお薬を処方してもらうのですが
飲んでもばっちりむずむずでした

さてさて、今日はロマンス小説とビジュアルブックのご紹介です
まずは1冊目、富永佐知子さんが手がけられたこちら

氷のシークと情熱の花嫁―ゾハイドの宝石〈3〉 (ハーレクイン・ディザイア)氷のシークと情熱の花嫁―ゾハイドの宝石〈3〉 (ハーレクイン・ディザイア)
(2012/02/17)
オリヴィア ゲイツ

商品詳細を見る


“重厚な文体と華麗な表現”に多くの翻訳者の方が
格闘されるという、オリヴィア・ゲイツによる作品。

気になるストーリーはこんな感じです
かつて花嫁と愛人に裏切られ、固く心を閉ざしていた
シークの前に現れた、輝くばかりの美女。
自分の国で起こった国宝の窃盗や偽造事件の黒幕が
彼女の父親だと知った彼は、彼女を人質にすることに決めた…

翻訳者の方にとって手ごわい著者の作品を依頼されるのは
読者の心をがっちりと掴む表現力への信頼の証ですね
富永さん、次回作も楽しみにお待ちしています

そしてもう1冊は、服部由美さんが手がけられた『ハーブ図鑑』です

ハーブ図鑑ハーブ図鑑
(2012/03/01)
ジェニー・ハーディング

商品詳細を見る


ハーブにご興味をお持ちで、「とても楽しく訳せた」と仰る服部さん。
お仕事を通じてさらに世界が広がっていくなんて、とても素敵です

ハーブ療法の基本を教えてくれる、カラーのガイドブックです。
130種類もの貴重なヒーリングハーブの特質と薬効、症状別の利用方法や
育て方などが網羅されているだけではなく、ハーブの花や葉、各部位を
捉えた写真もとても美しく、見ているだけでも楽しい盛りだくさんの1冊なのだそう
奥深いハーブの世界に分け入るにはぴったりの入門書です

服部さん、富永さん、これからもお話を楽しみにしております


アメリア事務局
中川

武田裕子さんの最新訳書 『リメイクファッション』

今日は17~18℃までになるそうです~
一日ごとの気温差が激しく、毎日何を着るか迷ってしまいますよね

タイミングを見計らいつつ、少しずつ軽やかな装いに変わりたくなるこの季節。
いつものスタイリングに刺激を与えるような1冊をご紹介します…
その名も『リメイクファッション』

リメイクファッション (GAIA BOOKS)リメイクファッション (GAIA BOOKS)
(2012/02/20)
セレナ・フランシス=ブライデン

商品詳細を見る


翻訳を手がけられたのは武田裕子さん。
ファッション関連にお強い武田さんはスペシャルコンテストをきっかけに、
続けて同じ分野で訳書を刊行されました~
刊行、おめでとうございます

前回手がけられた『シューズA-Z』とは大分テイストが異なり、
今回は斬新な提案がもりだくさんのリメイク本です

リメイクというと発想力や器用さが必要じゃないの…
と気になってしまいますが、本書で紹介されているリメイク術は
誰でも手軽に楽しめそうなアイディアが満載なのだそう。
大胆な発想とともに、「著者の想いがはじけるような文章」
また一つの魅力と仰る武田さん

形を変えてお洋服を長く愛用する工夫や、ものをつくるという
生活の楽しみ、また何よりもファッションって楽しめばいいんだ
というように、読んでいるとどんどん気持ちが明るくなってくるチャーミングな1冊です。
多くの方々にとって気軽に手に取った後も
長く付き合えるお友達のような1冊となりますように…

武田さん、お話をお聞かせいただきありがとうございました
またのご連絡も楽しみにお待ちしています


アメリア事務局
中川

上原裕美子さんの訳書2冊のご紹介

暖かく晴れ間となったり冷たい雨が降ったり…三寒四温ですね。
もう3月。少しずつ春に向かっているようです

さて、今日は上原裕美子さんの最新訳書2冊をご紹介します
それぞれにご紹介コメントもたっぷりいただいたので、一緒にご紹介しちゃいます

まず1冊目は日本経済出版社のこちらです

新興国マーケット進出戦略―「制度のすきま」を攻める新興国マーケット進出戦略―「制度のすきま」を攻める
(2012/02/02)
タルン・カナ、クリシュナ・G・パレプ 他

商品詳細を見る


(上原さんより)
 インド、中国など、いわゆるBRICsから世界を目指す新興企業と、
 BRICs市場への進出を目指す多国籍企業の採るべき戦略について考察した
 経済学の本です。
 論文でありながら、そうした市場を視野に入れる企業にとっては
 実用的な手引きとなっています。

 昨今では、どんなビジネスや産業でも、必ず何らかの形でBRICsの存在を
 避けては通れないものだと思います。現在の市場の世界観をとらえる本として、
 経営者のみならず、一消費者としても、なかなか面白い本ではないかと思っています。


経済成長が著しいBRICs、新聞やニュースでも頻繁に登場しますよね。
この機会に詳しく知りたい、という方にもおススメです。

そして2冊目は上川典子さんと共訳を手がけられたこちら
大人気のキャス・ワールドが溢れています~

キャス・キッドソンの世界 patch!キャス・キッドソンの世界 patch!
(2012/02/22)
キャス・キッドソン

商品詳細を見る


刺繍やバック作りなどなど、キャス・キッドソンの世界を手作りする
シリーズもいよいよ第5弾
今回はキャスのオリジナルパッチワーク布でトートが作れちゃいます

 相変わらず華やかでかわいいキャス・ワールドが展開されていて、
 手芸をする人もしない人も、きっと思わず作りたくなっちゃう感じです(笑)。
 パッチワークは、わりと初心者さんにも敷居が低いかもしれません。


と上原さん。
見るだけでなく、作る楽しみ、使う楽しみも味わえてしまうお得な1冊
ファンにはたまりません

内容もテイストもまったく異なる2冊がほぼ同時期に刊行され
上原さんの幅の広さを改めて感じてしまいます
ますますのご活躍をお祈りしています


アメリア事務局
中川
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク