『フージーズ――難民の少年サッカーチームと小さな町の物語』

会員の北田絵里子さんより、最新訳書刊行のお知らせをいただきました
早速ご紹介いたします。

フージーズ――難民の少年サッカーチームと小さな町の物語フージーズ――難民の少年サッカーチームと小さな町の物語
(2010/02/02)
ウォーレン セント ジョンWarren St. John

商品詳細を見る


タイトルにあるとおり、本書はアメリカで実際に活動している
難民の少年たちのサッカーチームについて描かれた実話です。

本書には公式サイトがあります。
公式サイトではこのチームの背景や著者の紹介のほか、
翻訳を手がけられた北田さんによるあとがきも掲載されています。

綿密な取材を元に米国ジャーナリストによって綴られた本書は、
"現状を伝えたい、という著者の真摯な想いが詰まっている"
そうおっしゃる北田さん。

"著者の想いを日本の読者に届けたい"――。
北田さんの真摯な想いにもまた、強く心を打たれました


アメリア事務局
中川

『ヒース・レジャー追悼写真集』

アメリア会員の上原裕美子さんより訳書刊行のお知らせがありました。
上原さん、ありがとうございます


ヒース・レジャー追悼写真集 【3000部限定生産】 (P-Vine Books)ヒース・レジャー追悼写真集 【3000部限定生産】 (P-Vine Books)
(2010/01/22)
クリス・ロバーツ

商品詳細を見る



残念ながら遺作となってしまった映画「Dr.パルナサスの鏡」の公開と
彼の命日に合わせて出版された写真集だそうです。
限定3000部

きれいな写真が満載だそうでファンには嬉しい一冊ですね笑顔

「訳しながら惜しい役者をなくした…としみじみ涙してしまいました」、
と上原さん。突然の訃報に驚いた映画ファンも多かったと思います。


年々、ご活躍の場を広げられている上原さん。
2月にはイラストが可愛い大人気ブランドである「キャス・キッドソン」の
訳書が出るそうです。(ブログでも改めて紹介させていただきますね。)
そして、今はビジネス書の翻訳を手がけられているとか…
ぜひ頑張ってください!


アメリア事務局
入江

『明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性』

東京はすきっとした青空の一日ですが今日もまた冷え込んでいます。
そういえば昨日、そろそろ花粉が飛び始めるとの噂も聞きました…。おそろしや手書き風シリーズ33顔8

さて、会員の松井信彦さんより共訳書刊行のお知らせが届きました!

明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性明日をどこまで計算できるか?――「予測する科学」の歴史と可能性
(2010/01/22)
デイヴィッド・オレル

商品詳細を見る


4名の方で共訳されたとのことですが、実は他の3名のうち
大田直子さん、熊谷玲美さんもアメリア会員さんです

お告げ、天文学、コンピュータ…ヒトは古代から様々な方法で
未来を予測しようと試みてきました
技術がさらに進歩すれば、いつか未来の完全"予測"ができる日がくるのでしょうか?

本書では「予測をめぐる科学の発展史をおさえつつ、依然として
困難に満ちたその営みの最前線を紹介」(Amazonより引用)しているのだそう。

未来は"計算できないから面白い"と言いはじめたのはいつからだったのでしょう。
そしていつまで言ってられるのでしょうか…

"予測"の未来、読みながら考えてみませんか?


アメリア事務局
中川

「出版持込コンテスト」が取材されました!

こんにちは。昨日は暖かかったのに今日は寒いっっブルブル
体調管理には気をつけましょう~

さて、『翻訳事典2011年度版』(発行:株式会社アルク)に
アメリア初の持込コンテストが取材されました!
アルクさん、取材いただきありがとうございました

翻訳事典2011年度版翻訳事典2011年度版
(2010/01/16)
不明

商品詳細を見る


事務局の室田と入江がお答えさせていただきました。
(顔写真が出るのは恥ずかしいですねかおまる
 ↓ ↓ ↓
出版に結びついた翻訳コンテスト

応募料はかかりません。応募条件は「アメリア会員」さんであることのみ!

「この本は面白い!」「日本の読者に届けたい原書を見つけた!」など
熱い炎気持ちをお持ちの方、ぜひご応募くださいね。
募集開始は4月からです。

出版持込コンテスト


『翻訳事典2011年度版』ですが業界情報が盛り沢山の、まさに「辞典」
翻訳分野の解説や翻訳者さんへのインタビュー、学校紹介や
コンテスト情報も掲載されています。

そしてなんと15ページから8ページにわたる記事「(プロ翻訳者への)
リアル・ナビ」にアメリア会員の越田直樹さんが「NAVIGATOR」として
登場bikkuri01

キャリアをスタートさせる際の心構えやお仕事の作法について
役立つ情報が掲載されています。
ぜひご覧くださいねクローバー


アメリア事務局
入江

『わたしとあなたと、黒い犬』

協力会社のメディア総合研究所さんより刊行訳書をご献本いただきました。
メディア総合研究所さん、ありがとうございます!

以前ご紹介した『ぼくのなかの黒い犬』の続編です。
訳者は引き続きアメリア会員の岡本由香子さん。

わたしとあなたと、黒い犬わたしとあなたと、黒い犬
(2010/01/14)
マシュー&エインズリー・ジョンストン

商品詳細を見る


『ぼくのなかの黒い犬』では黒い犬(=うつ病)に悩まされる方への
アドバイスを描いていたのに対し、続編の『わたしとあなたと、黒い犬』では
患者さんの周囲にいる方(ご家族やご友人)へのアドバイスが描かれています。


「大切な人がうつになってしまったら―――あなたはどうしますか?」


帯に書かれている文章ですが、私だったらどうするだろう…
どうしたらいいだろう…と思わず考えてjumee☆think2 しまいます。

すぐに役立つ情報が得られる上に、わかりやすい。
絵本でありながら実用書に近い一冊です黄色のチューリップ


アメリア事務局
入江

2010年海遊館オリジナルカレンダー



「定例トライアル」2010年1月号より<日英>の審査をご担当いただく佐藤晶子先生が、
大阪の水族館(海遊館)のカレンダー英訳を手掛けられました。

2頭のイルカの表紙がとってもきれいなこちらのカレンダー、
海遊館の人気者達が毎月登場します。海の仲間の説明文が日本語と英語で併記されているのですが、佐藤先生は英訳をご担当されたようです。

こちらのカレンダー、残念ながらWebショップでは既に完売となっておりますが、
水族館ファンにはたまらない一品です

アメリア事務局
並木

再び! 書籍プレゼント!

アメリア事務局の入江です。
今日の東京も冷え込みますjumee☆faceA135 …が、明日から数日は少し暖かくなるそうですね。
厚着するのも飽きてきた今日この頃…春tulip2 が待ち遠しいです。

さて、本日は嬉しい∀ お知らせです!

以前のブログでも紹介いたしました『ヤマギワ流100円おかずレシピ』を
なんと、ブログ読者限定で3冊プレゼントしていただけることになりました!
サンマーク出版のSさん、本当にありがとうございます!

ヤマギワ流100円おかずレシピヤマギワ流100円おかずレシピ
(2009/06/15)
山際 千津枝

商品詳細を見る


ヤマギワ先生は私の地元、福岡ではとっても有名な方。
福岡県民なら誰もが知っている「めんたいワイド」という、
博多弁飛び交うローカル番組にも出演されています。

簡単で安くて美味しいレシピ満載ですので
「今夜のおかず困ったわ~」「あと一品何にしようかしら~」と
お悩みの方!ぜひご連絡くださいね。
抽選で3名の方にお送りいたします!

ご連絡は… bizsupport@amelia.co.jp へ!



アメリア事務局
入江

『「おおきな木」の贈りもの』

会員の水谷阿紀子さんより最新訳書をご献本いただきました。
水谷さん、ありがとうございますピンクのお花

「おおきな木」の贈りもの―シェル・シルヴァスタイン (名作を生んだ作家の伝記)「おおきな木」の贈りもの―シェル・シルヴァスタイン (名作を生んだ作家の伝記)
(2009/12)
マイケル・グレイ ボーガン

商品詳細を見る


死後10年が経った現在でも、世界中で世代を超え
多くの読者に親しまれている絵本作家シェル・シルヴァスタイン。

『おおきな木』や『ぼくを探しに』はどこの書店でも
必ずといっていいほど並べられていますが、
つい先日も、絵本『コノヒトタチつっつくべからず』が
川上弘美さんの訳で刊行されたばかりだそうです

じつは47人の人間からできている」とまで評されるくらい
本書は漫画家、絵本作家、ミュージシャン、劇作家…と様々な貌を持つ、
シルヴァスタイン。その魅力をたっぷりと教えてくれます。
大ファンの方はもちろん、作品を読んだことがない方にもおススメの1冊です。
実は私も『ぼくを探しに』しか読んだことがありませんでしたが(すみません…)
尊敬する芸術家に出会ったという気分になり、本当に嬉しくなってしまいました

水谷さんは、本書を含む「名作を生んだ作家の伝記シリーズ」で
『ハリー・ポッター』のJ・K・ローリングや『かいじゅうたちのいるところ』
(この1月、映画が公開されますね)のモーリス・センダックの伝記の翻訳も手がけられています。

読み始めるとついつい夢中になってしまうこのシリーズ、
今後のラインナップも楽しみです

アメリア事務局
中川

『仕事に就ける子どもを育てる』

アメリア会員の片山奈緒美さんより最新訳書をご献本いただきました。
片山さん、ありがとうございますBrilliant


仕事に就ける子どもを育てる―親が導くキャリア・コーチング仕事に就ける子どもを育てる―親が導くキャリア・コーチング
(2009/12)
デイヴィッド・H. モントロスジュニア,ロバート・J. ジン

商品詳細を見る



家庭での職業教育に関する一冊。

子どもの頃から「仕事」や「職業選択」に関して考えjumee☆think2、実行できる機会が
あるのは素敵なことだと思います。
そして、一番身近で信頼している大人である親が相談相手になってくるのは
心強いガッツですよね。

私もいつの日か「親」になった時には自分の子どもに対して
この本に書かれているような教育ができれば!と感じました。
(いつになることやら…友達友達友達


片山さん、昨年末はとある忘年会でお会いできて光栄でした!
2010年のご活躍も楽しみにしております。


アメリア事務局 入江

『ガンディー』

新年明けましておめでとうございます!福助
心は仕事モードに戻りましたがお腹周りの贅肉は未だお正月を
引きずっているjumee☆Feel Depressed4入江です。


さて、本日はアメリア会員である子安亜弥さんの訳書をご紹介です。
子安さん、ご献本いただきありがとうございます!

ガンディー―インドを独立に導いた建国の父 (ビジュアル版伝記シリーズ)ガンディー―インドを独立に導いた建国の父 (ビジュアル版伝記シリーズ)
(2009/08)
フィリップ ウィルキンソン

商品詳細を見る


ガンディーというと私は丸めがねをかけた独立運動真っ只中の写真を
思い浮かべてしまうのですが、こちらの表紙はガンディーの若かりし頃のお写真


子ども向けの本ということもあり、写真や図表が多く使われています。
おかげでスラスラと読めてしまい、とても勉強になりました。
これまで知らなかったかおまるふるーつ☆Cultivation・汗(小)ガンディーの一面を知ることができ、
楽しくアップロードファイル知識を吸収できる一冊です。

子安さん、ありがとうございました!
今後のご活躍も楽しみにしております絵文字名を入力してください


アメリア事務局 入江

『淡き影と愛の呪い』

会員の多田桃子さんより最新訳書刊行のお知らせが届きました。
早速ご紹介いたします!

淡き影と愛の呪い (マグノリアロマンス)淡き影と愛の呪い (マグノリアロマンス)
(2010/01/08)
ラリッサ・イオーネ

商品詳細を見る


「ルナが恋に落ちたのは、彼女の胸の奥に潜む欲望のすべてを見抜いてしまう、
 セクシーなシェイドだ。しかし、シェイドの裏切りに傷ついた彼女は、思いがけない事態から、
 〈人間〉ではない存在へと変えられてしまう。そして、そうなってはじめて、自分が愛した
 男の正体がインキュバスだと知ったのだ。…」
(Amazonより一部抜粋)

本作に登場するインキュバスは古くから様々な宗教・神話でテーマになっている
悪魔”の一種ですが、こうして宿命を背負った美男子として物語に登場すると
どうしてこうもロマンチックになってしまうのでしょうか…

〈デモニカ・シリーズ〉第一弾の『危険なエクスタシーの代償』も好評のようです!
Amazon にはの詳しいレビューも掲載されていますね~。

いつもブログをお読みいただいているという多田さん。
「ほかの会員のみなさんの活躍を目にして私もがんばろう!と奮起してみたり・・・。」
と嬉しいコメントもいただいちゃいました

これからも読者の皆さんを酔わせちゃう絵文字名を入力してくださいような作品をどしどしご紹介くださいね!
楽しみにお待ちしています

アメリア事務局
中川

『蛇の歯』

会員の吉澤康子さんより、最新訳書『蛇の歯』をご献本いただきました。
吉澤さん、お心遣いありがとうございます。

蛇の歯上 (創元推理文庫)蛇の歯上 (創元推理文庫)
(2010/01/10)
フェイ・ケラーマン

商品詳細を見る


蛇の歯下 (創元推理文庫)蛇の歯下 (創元推理文庫)
(2010/01/10)
フェイ・ケラーマン

商品詳細を見る


ロサンゼルス市警のピーター・デッカーとその妻リナが主人公の好評警察小説シリーズです。
第10弾となる本作は高級レストランでの銃乱射事件で幕を開けます。

犯罪に挑む警察小説として練り上げられたプロットもさることながら、
細やかに描かれたデッカーとリナの夫婦愛そして仲間たちの活躍も読みどころなのだそう。
(ちなみに、吉澤さんの「訳者あとがき」ではタイトル“蛇の歯”にまつわるエピソードも
 明かされていますが、ちょうど最近私は引用元の作品を読み返していたところでした)

上・下巻で読み応えも十分。 が満足できる本格ミステリです
さっそく私も読ませていただいちゃいますうわぁ・・・


アメリア事務局
中川

『マイレージ、マイライフ』

皆様、新年明けましておめでとうございます門松

お正月鏡餅 は楽しく過ごされましたでしょうか
一年ぶりに帰省した私は調子に乗ってこたつでぬくぬく&パクパク…し過ぎてしまいました

さて、アメリア事務局は昨日5日が仕事始めでしたが、
新年早々皆様から訳書刊行のお知らせが続々と届いています。
会員の皆様からお年玉をいただいた気分です

さっそく本日は江口泰子さんの最新訳書、
『マイレージ、マイライフ』をご紹介いたします。

マイレージ、マイライフマイレージ、マイライフ
(2010/01/08)
ウォルター・カーン

商品詳細を見る


本書はジョージ・クルーニー主演で映画化され(原題:“Up in the Air”)、
本国では既にアカデミー賞候補 絵文字名を入力してください との呼び声も高いとか…。

試写をご覧になった江口さんいわく、
「ジョージ・クルーニーがなかなかエロかったです(笑)」とのこと!
ちなみに、日本での公開は2010年3月下旬頃になるそうです。
公開のタイミングにはまた一段と話題になりそうですね

インパクトのある作品を沢山手がけていらっしゃる江口さん。
今回も魅力的な小説をご紹介いただき、ありがとうございますむきゅ

アメリア事務局
中川
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク