☆ アメリア事務局から最新情報のお知らせ ☆

★アメリア会員のデビュー秘話はこちら
アメリアWebサイト「Flavor of the Month」ではアメリア会員の
翻訳デビュー体験談など会員の活躍をインタビュー記事でご紹介しています。

★現在ご応募いただける「定例トライアル」は、
9月20日18時締切英日/出版(フィクション)です。
審査員は、現役プロの翻訳家である神戸 万知氏です。
ぜひふるってご応募ください!

9月26日18時まで「翻訳トライアスロン2016」第3種目<実務>訳文受付中!
審査員は、現役プロの翻訳家である木下裕子氏です。

『たったひとりのサバイバル・ゲーム! ジャングルから脱出せよ』『たったひとりのサバイバル・ゲーム! 灼熱の砂漠を脱出せよ』

連日のこの暑さ、皆さんはどう凌いでいますか?
先日横浜で「ショウガのかき氷」を試してみました。かき氷なのに食べると身体がポカポカして不思議な感覚に。でもちょっと元気になりました!

本日ご紹介するのは、アメリア会員の岡本由香子さんが翻訳された児童書シリーズです。ご紹介文もお寄せいただきました!

7月末に2巻同時発売になりました。小学生向け。ゲームブックで、読み進めるうちにサバイバルの知識やジャングルや砂漠の動植物の知識が身につきます。リアルなんだけど愛嬌のある動物のイラストも自慢です。冬に雪山を舞台にした3巻が発売予定!





ゲームブックというこのスタイル、すごく良いですね!自分が主人公になったような気持ちでゲームに没頭するうちに、ジャングルや砂漠の動植物、サバイバルの知識が身につくなんて!我が家の娘も入学したら、ぜひとも読んで欲しい。

岡本さん、素敵なご訳書をお知らせいただきありがとうございます。今回は夏休みにぴったりな2冊でしたが、秋冬にぴったりな続編のお知らせも楽しみにしています。

アメリア事務局 並木

【ご案内】翻訳を学びながらアメリアを無料で使えるチャンス!

フェロー・アカデミーからのお知らせです。
アメリア会員にご興味ある方はぜひご検討くださいね



フェロー・アカデミーの通信講座初級「実務翻訳<ベータ>」では、
8/25(木)までにお申込みいただいた方を対象に、
アメリアの入会金&初年度年会費(計21,600円)が無料になる
キャンペーンを実施しております。

アメリアで求人情報の検索、翻訳力の腕試しができるスキルアップのコンテンツなども
利用できるこの機会をぜひご利用ください!

▼キャンペーンの詳細はこちら▼
http://www.fellow-academy.com/fellow/pages/home/beta/campaign2.jsp?160819

◎こんな人におすすめ!
会社で英語を使うし、読むのは得意だけど、今ひとつ抜きん出る何かが足りないと感じている方、
「実務翻訳<ベータ>」はその悩みの突破口となるかもしれません。
ビジネスで一歩リードできるカギは、「翻訳力」にあるのです。

▼ビジネスに必要な語学スキルとは?▼
http://www.fellow-academy.com/fellow/pages/pr/20160705.jsp?160819

本格的に実務翻訳の学習を始めるなら、今がチャンスです!
「実務翻訳<ベータ>」で力を付けながら、アメリアをお得に活用しましょう!

【ご案内】田口俊樹プレゼンツ トランスレイターズ・スタジオ

アメリアWebサイトで連載もしていただいている名誉会員の田口俊樹氏による
イベントのご案内です

田口氏が聞き手となり、話題の新刊海外書籍を取り上げ、その本を訳した翻訳者
出版社の編集者を招き、翻訳書の舞台裏トークを繰り広げます。

ゲストは翻訳家の東野さやか氏と編集者の山口晶氏(早川書房)
開催日時は9月22日(木・祝) 11:00~12:30、翻訳会館にて(東京都港区)。
ご興味ある方はぜひ!


★お申込みはコチラから★ 9月20日(火)正午まで
田口俊樹プレゼンツ トランスレイターズ・スタジオ

『トランプの真実』

こんにちは
今年は連日オリンピックが放送されて隠れがちですが、忘れてはいけないのが高校野球私の出身校もわりと野球が強かったため、テレビでブラスバンドの応援などを聞くと当時を思い出して懐かしく感じます。暑い中、高校球児たちが繰り広げる熱戦には心打たれるものがあります悔いのないよう、どの高校も最後まで頑張ってほしいですね

本日は大友香奈子さんが翻訳を手掛けられた『トランプの真実』をご紹介いたします。



アメリカ大統領選に立候補しているトランプ氏、歯に衣着せぬ物言いで一躍有名になりましたね。大友さんのコメントもご紹介します。

何かと世間をお騒がせしているトランプ氏の発言や、その背景について説明しながら、トランプ氏の本音に迫る本です。これを読めば、現在のアメリカ社会の問題点や世界情勢などもわかるので、アメリカ大統領選挙を前に、ざっとおさらいするのに最適な本だと思います。
初めてのノンフィクションの翻訳で、調べ物は大変でしたが、知らないことを知る楽しさがあり、機会があれば、またノンフィクションを翻訳したいと思いました。


304ページの大作、さぞかし調べ物も多かったことと思います。
大友さん、おつかれさまです
アメリカの大統領が変わるということは、世界情勢にも大きく影響が出ることになりますので、私も一個人として動向が気になっています。トランプ氏がこれまでに発言した150以上の言葉が取り上げられており、「政治」、「ビジネス」、そして「私生活」の観点から氏の思想をひも解いていきます。アメリカの現在の問題点や世界情勢についても掲載されており、私たちが知っておくべき情報もたくさん詰まった一冊となっています。

大友さん、翻訳作品をお知らせいただきありがとうございました
次回作のお話も楽しみにお待ちしておりますね★

アメリア事務局 岩瀬

『動物園大脱走―機械のしくみがわかる本』

リオオリンピック、日本人選手の活躍がめざましいですね!私はついしょうもないところが気になってしまうのですが、大半の選手がはいているナイキの派手派手シューズ。あれはナイキから支給されているものなんでしょうか…?ジャンル関係なく、皆さん履いているので、気になります。デザインは同じでも、ソールの部分だけ違うのですかね。

そんなことはさておき、本日はアメリア会員の小寺敦子さんが翻訳された訳書をご紹介いたします。



小寺さんのコメントをご紹介します。
動物園で暮らすナマケモノとハネジネズミが、囲いから逃げだそうと道具や機械をあれこれ工夫して作るストーリー仕立てのしかけ絵本です。くさび、てこ、ねじ、滑車など、機械のもととなる動力のしくみを、2ひきの脱出作戦を通して学びます。シーソー板で囲いから飛びだすには? 2ひきの紙人形を使い、訳者も一緒に悩みながらの楽しい翻訳作業となりました。理屈よりまず体験ありき、を実感できる科学絵本です。

「機械のしくみ」と聞くと、私なんてすぐ苦手意識が先行してしまいますが、これならワクワク楽しみながら学べそうです。
それに主人公がナマケモノとハネジネズミというのも面白いです。
ハネジネズミ??
恥ずかしながら初めて知りましたが、調べてみると、とても長い鼻をもったネズミのようですね。

小寺さん、お知らせいただきありがとうございました。
またご連絡いただけますことを楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 河原

『キッド――僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか』

こんにちは
今年は祝日に「山の日」が加わりました。山に登られた方もいたかもしれませんね
私は天然氷のかき氷を食べに、テレビ朝日のイベントに行ってきました。そのイベントでは4店舗のかき氷屋さんの中から、自分が食べたいかき氷のあるお店の食券を買うのですが、友人と私は何も考えず違うお店の食券を選んだため、1時間近く別々の列に並ぶはめに…ラインでやりとりしながら並んだのでそこまで待った気はしませんでしたが、今後誰かと一緒に行く時は同じお店の食券を買おうと強く思いました

本日はアメリア会員の大沢章子さんが翻訳された『キッド――僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか』をご紹介します♪



 “It Gets Better” Projectの発起人にして「アメリカで最も有名な同性愛者の権利擁護活動家の一人」である著者のダン・サヴェージとその彼氏テリーの同性カップルは、オープン・アダプション(開かれた養子縁組)で子どもを迎えようと決める。しかし、男二人で「育ての親」になるという未知の挑戦に加え、「生みの母親」であるホームレスのパンク少女メリッサの事情も絡み、養子縁組の成立まで一筋縄ではいかず…。

“It Gets Better”とはダンが2010年9月に立ち上げたオンラインビデオチャンネルで、同性愛者ということでいじめを受けている10代の青少年に対して、「いま置かれている環境は永続的なものではなく、より良い未来はあるよ(“It Gets Better”)」というメッセージを成人の同性愛者たちから集めて伝えることで、若年層LGBTの自殺を防ごうという目的で作られたそうです。

本作を少し読ませていただきましたが、全くオブラートに包まない率直な物言いで、こんなにぶっちゃけていいの!?と読んでいてドキドキしてしまいました同性愛への偏見等に対して、毒舌と皮肉がユーモアたっぷりに語られた一冊です。

大沢さん、訳書もお送りいただきありがとうございました
またご活躍のお話をお聞かせください

アメリア事務局 岩瀬

『動物言語の秘密 暮らしと行動がわかる』

毎日本当に暑いですね~
朝起きてカーテン&窓をあけると強烈な日差しと熱気が…思わず「はぁ…今日も暑い」と
うなだれてしまいます

さて本日はアメリア会員の嶋田香さんの訳書『動物言語の秘密 暮らしと行動がわかる』
ご紹介いたします。





「バイオミミクリー」という言葉をご存じですか?
「生物の機能を模倣することで新しい技術を生み出す学問」のことらしいのですが、
その提唱者による動物観察に関する本です。
表紙のお猿さんがなんだか愛らしいですね

嶋田さんからコメントもいただきました。

バイオミミクリーの提唱者ジャニン・ベニュスによる、動物観察のすすめです。
動物たちの自然界でのくらしぶりと行動の背景を知ることで、行動の意味を
読みとろう、いった内容になっています。

サバンナや北極まで野生動物を観察しにいくことは、なかなか難しいですが、
観察のしかたがわかっていれば、動物園でも行動の意味を読みとれます。
そこで本書では、まず「入門編」で、動物園の果たしてきた役割や展示の変化、
動物の行動全般や、その背景について紹介しています。「観察編」では、
動物園で見られる20種の動物について、移動や採食の方法、コミュニケーション、
求愛、子育てなど、くらしぶりをことこまかに解説しています。

動物たちはどんなときにも生きるために真剣なのですが、人間から見ると
くすりと笑ってしまうような行動や、不思議な行動もあり、
訳しながらニヤニヤしてしまいました。また、それまで知らなかった
驚きの事実が次々と紹介されていて、私自身もとても勉強になりました。

みごとなイラストも多数そえられているので、ながめているだけでも
楽しい一冊となっています。動物園へ行く前にご一読いただけると、
それまでとは違った目で動物を見られるようになると思います!



動物の不思議な行動には思わず見入ってしまいますが、その理由がわかると
より興味深く楽しめそうですよね。

嶋田さん、ありがとうございました
今後のご活躍もとても楽しみにしています


事務局 入江

『最高に危険な贈り物~美しきサプライズはリボンと共に~』

最近美味しそうなジャムをいただくことが重なりました。となると、欲しいのは美味しいパンです。ジャムに合うパンを探してみたいと思います!!

本日は、アメリア会員の辻早苗さん(会員紹介インタビュー『Flavor of the Month(第111回)』にご登場いただきました!)が翻訳された電子書籍『最高に危険な贈り物~美しきサプライズはリボンと共に~』ドナ・マイケルズ著/ティアーズ文庫)をご紹介します。

~あらすじ~
双子の兄弟フィン・ブレナンとブレット。ある日、弟ブレットから兄のフィンへ誕生日プレゼントを送ったから受け取ってほしいという連絡が入る。忙しくしているフィンは、文句を言いながら受け取りに行くが、自分の脚で歩いてきたプレゼントを見てフィンは目を瞬き大きく口を開けてしまった。モデルのように美しい女性が、リボンをつけて登場しブレットは彼女が誕生日プレゼントだと説明して電話をきってしまった・・。どこかコミカルなのに、お互いへの思いやりにやがてほろりと泣け、思わず二人を応援したくなる作品。


誕生日にモデルのように美しい女性が、リボンをつけて登場”は、表紙のイラストにもなっている象徴的なシーンです。楽天ブックスやパピレスで購入いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね

楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rk/e38b2d33bedb3b46a2bc99ea89f74fbe/

電子書店パピレス
http://www.papy.co.jp/act/books/1-396792/

辻さま、この度はお知らせありがとうございました次回作のお話も楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 並木

『STAR WARS THE FORCE AWAKENS INCREDIBLE CROSS-SECTIONS スター・ウォーズ/フォースの覚醒 クロス・セクション TIEファイターからミレニアム・ファルコンまで全12機の断面図から仕組みを徹底解析』

こんにちは
毎日暑いですね。皆さん、夏バテで食欲落ちてませんか?私もいっとき落ちましたが、最近は薬味や香辛料のおかげで食欲が戻ってきました
冷やし中華にはカラシ、おそばにはワサビ。冷奴にはみょうが。豚キムチも辛くてお箸が進みます。薬味なども上手に取り入れつつ、暑さで疲れている体に栄養をチャージしてあげてくださいね

本日はアメリア会員の阿部美雪さんが共訳を手掛けられた『STAR WARS THE FORCE AWAKENS INCREDIBLE CROSS-SECTIONS スター・ウォーズ/フォースの覚醒 クロス・セクション TIEファイターからミレニアム・ファルコンまで全12機の断面図から仕組みを徹底解析』のご紹介です★



本作は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場した宇宙船やスピーダーなど、全12機のメカニックを断面図にし、知られざる内部機構の仕組みまでが徹底解析されています。各戦闘機、戦艦、スピーダーの製造元、全長、定員、搭載兵器はもちろん、各パーツの名称や、映画ではあきらかにされていない細かい設定など、スター・ウォーズファンにはたまらない情報がもりだくさん!更に「ストームトルーパーが乗降口から降りて陣形を展開するまでの時間は30秒」や「レイアとの結婚祝いとして、<ミレニアム・ファルコン>のあるキャビンが改築されていた」など、ここでしか知りえないトリビアも満載。気になる方は、是非店頭でお手にとってみてくださいね!

阿部さん、訳書のお知らせありがとうございます
今後のさらなるご活躍をお祈りしています

アメリア事務局 岩瀬

『大統領の疑惑』

夏も本番ですねお祭りに花火、海水浴…今しかできない夏の楽しみを満喫したいものです! !

本日は、アメリア会員の稲垣みどりさんが翻訳された『大統領の疑惑』をご紹介します。
こちらは元CBSニュースプロデューサーによる迫真の手記であり、報道の自由を改めて問う衝撃のレポートです! !

本日8/5(金)公開の映画「ニュースの真相」の原作でもあります。稲垣さんは既に映画をご覧になったそうで「著者メアリー・メイプス役のケイト・ブランシェットの迫真の演技がすばらしかったです。ロバート・レッドフォードも、キャスターのダン・ラザー役がぴったりでした。」とのご感想をお寄せいただきました。



私もぜひ映画も拝見させていただきたいです
そして皆さま、原作もお手に取ってくださいね

稲垣さん、この度は翻訳作品をお知らせいただきありがとうございました。今後のご活躍も心から応援しております

アメリア事務局 並木

『亡霊学級』

同じ蝉でも、うちのワンコは木から落ちてきて地面でバタバタしている蝉を食べようとするので、それを止めるのがタイヘンです。バリバリむしゃむしゃ。口から羽が出ているのを見た時にはギョっとしました。

本日はアメリア会員の安齋奈津子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



忘れ物をとりにきた3人の小学生が、突然校舎の中に閉じ込められます。
それぞれに面識はありません。校舎のまわりには黒い影が・・・。
だれが閉じ込めたのか、なぜこんなことになってしまったのか。

私も今読んでいるのですが、物語は閉じ込められたシーンから始まるので、臨場感たっぷり。最初から惹きこまれます。
途中から謎の老人(管理人)も登場するのですが、3人が来ることを元々予想していたのか、「きたか…」と。

すでに第2巻の刊行も予定されているそう。

安齋さん、楽しみにお待ちしておりますね!

アメリア事務局 河原

『スター・ウォーズ アフターマス』

毎日暑いですね
セミの抜け殻を見つけるのがマイブームな娘。見つけては指先でチョンと触って
キャーッと走り出します。
暑さでボーっとしている私は追いかけるだけでヘトヘトです…

さて本日はアメリア会員の富原まさ江さんの訳書をご紹介いたします。
ファン待望の1冊ですね。





富原さんからコメントもいただきました。

『スター・ウォーズ』エピソード6の直後を描いた小説です。
500ページ以上の大作で、時間・体力との戦いでした。
この作品で初登場のキャラクターたちも、とても魅力的です。
たくさんの方に楽しんでいただければ幸いです。



500ページもの大作とは…富原さん渾身の訳書ですね。
喜びもひとしおかと思います

富原さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍も楽しみにしております。


事務局 入江

『身分を隠せ』

今朝は雷がすごかったですね!ウチのワンコが大騒ぎでした。

本日はアメリア会員の崔樹連さんが字幕翻訳(共訳)された映像作品をご紹介いたします。





主演はキムボム。キムボムといえば「花より男子~Boys Over Flowers」でファンになったという方も多いのではないでしょうか。
本作では、短髪に無精ひげ、さらに14キロも減量したとあって、そのワイルドな姿にキュンとなること必至です

ぜひこの夏、韓流刑事ものエンタテインメントをお楽しみください。

アメリア事務局 河原

「翻訳トライアスロン2016」第2種目<映像>課題公開!

25日に応募締切をむかえた第1種目<出版>、多数のご応募を本当にありがとうございました。締切翌日には、数百通の応募訳文を1件ずつホチキス止め(通称:ホチどめ)したうえで段ボールに納め、審査員の村井先生まで発送いたしました。審査結果を楽しみにお待ちくださいね

26日には早くも第2種目<映像>の課題を公開いたしました!!1975年制作のアメリカ映画からの出題です。物語の舞台は、1930年代の禁酒法時代のアメリカ。ギャングが次々と登場するコミカル・アクションです。

この作品、冒頭から「ハハハハハハハハハハハハハハハ」というギャングの高らかな笑い声とともに始まるのです。何がそんなに愉快なのか・・・不穏な笑い声です…。

アメリアWebサイトの課題掲載ページから、実際の映像をご覧いただけますので、ぜひご覧ください!!課題の冒頭は、登場人物紹介が英語で画面に描かれているアメコミ風の面白いシーンです。そこから訳し始めてくださいね。情報誌『Amelia』2016年8月号にはスクリプトも掲載しています。こなれた字幕を作るコツは、『Amelia』2016年6月号に掲載した「翻訳トライアスロン ウォームアップ講座」をぜひ再読ください!

【課題掲載ページ】(アメリア会員専用ページです)
http://www.amelia.ne.jp/user/contest/triathlon.do?eventNo=B00400261&eventItem=2
※ご応募は、課題掲載ページ右上の「応募フォーム」から受付けております。
※課題は情報誌『Amelia』2016年8月号(7/26発送)にも掲載しております。

【審査員】
田中武人氏(字幕翻訳家/フェロー・アカデミー講師)
※田名氏へのインタビューはこちら

【訳文応募スケジュール】
7月26日(火)~8月25日(木)18時

【応募料】
何種目参加しても3,000円(税抜)
※年会費と同様の方法でお支払いいただきます。
※第2種目からでも応募できます。

96点以上で映像クラウン会員資格を取得いただけます。
各種目の最優秀訳文にはAmazonギフト券1万円をプレゼント! その他、トライアスリート賞完走賞もご用意しています。 詳しくは、開催概要をご覧ください。

【翻訳トライアスロン2016 開催概要】
http://www.amelia.ne.jp/user/design/skillup/triathlon_lp.jsp

応募方法など何かご不明な点がありましたら、事務局までお気軽にお問い合わせくださいね。ご応募お待ちしております!!

アメリア事務局 並木
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク