☆ アメリア事務局から最新情報のお知らせ ☆

★アメリア会員のデビュー秘話はこちら
アメリアWebサイト「Flavor of the Month」ではアメリア会員の
翻訳デビュー体験談など会員の活躍をインタビュー記事でご紹介しています。

★現在ご応募いただける「定例トライアル」は、
12月20日18時締切英日/映像(字幕)英日/実務(ビジネス)です。
審査員は、現役プロの翻訳家である瀧ノ島 ルナ氏中 純子氏です。
ぜひふるってご応募ください!

『神々と戦士たち III ケフティウの呪文』

本日2冊目のご紹介は、アメリア会員の中谷友紀子さんが翻訳された最新作です。
中谷さんには、翻訳が「もっと好きになる、楽しくなる」をテーマに翻訳の専門校フェロー・アカデミーが配信するTra-magaインタビューにもご登場いただきました。中谷さんのお仕事の秘訣を少しだけ垣間見ることができるすてきなインタビューです。ぜひこちらもご一読ください!→Vol.380 出版翻訳家 中谷友紀子さん

本日ご紹介するご訳書はミシェル・ペイヴァー作「神々と戦士たち」シリーズの第3弾です!!



~中谷さんによる作品紹介~
紀元前1500年、青銅器時代のギリシア。
火山島の大噴火を生き延びたヒュラスは、漂流の末、ピラの故郷であるケフティウにたどり着く。津波に襲われ、死の島と化したその場所で、ヒュラスと仲間たちの絆が試される……。

というストーリーで、今回はクノッソス宮殿で知られるクレタ島を舞台に、スリルと不思議がいっぱいの冒険が繰り広げられます。毎回、舞台が変わっていくので、いっしょに旅するような楽しさを味わいながら訳させてもらっています。


同シリーズの第1弾をこのブログでご紹介させていただいたのは2015年7月でした。その際、第5弾まではご刊行の予定があるとお聞きいたしましたので本当に壮大なプロジェクトです

中谷さん、今頃は第4弾に取り組まれていらっしゃる頃でしょうか次回作のご連絡も楽しみにお待ちしております。

アメリア事務局 並木

『宇宙のことがわかる本 (しかけえほん)』

クリスマスが近づいてきましたね。うちの娘は3年くらい前からサンタさんへの夜食を準備するようになり、牛乳とビスケットみたいなものをテーブルに置いてから眠るのです。翌朝空になったお皿をみて「空になってる!やっぱり本当に来てくれたんだ!」とはしゃいでいるのですが……これ以上は書くことができず、申し訳ありません。

本日は、クリスマスの贈り物にもぴったりなアメリア会員の小寺敦子さんのご訳書をご紹介します。小寺さんといえば、先日会員紹介インタビュー『Flavor of the Month』にもご登場いただき、今回のご訳書についても語っていただいています。ぜひこちらもご一読くださいね!⇒第117回『Flavor of the Month』



小寺さんからご紹介文もお送りいただきました!
しかけをめくりながら、宇宙の成り立ち、無数にある銀河や恒星、わが太陽系の惑星と地球のこと、人間の宇宙探査へのあくなき挑戦などを学べる科学絵本です。地球上の命の誕生は太陽からほどよい距離にあったためと言われますが、それを童話『3びきのくま』で女の子(ゴルディロックス)がほどよい熱さのおかゆを食べたのになぞらえて「ゴルディロックス・ゾーン」と呼ぶことがあるなど、大人も楽しめるミニ知識もいっぱい。温かみのあるイラストも素敵です。

「ゴルディロックス経済」は聞いたことがありましたが、「ゴルディロックス・ゾーン」なる言葉もあるのですね!本当に勉強になります。子どもと一緒に隅々まで眺めたい一冊ですね。小寺さん、今後のご活躍も心から応援しております

アメリア事務局 並木

『たったひとりのサバイバル・ゲーム! 極寒の雪山を脱出せよ』

先月末からスタートした「翻訳会社の本音を聞こうキャンペーン」
続々と質問をお寄せいただいております。
(ご存じない方は11月25日配信の会員向けメールマガジンを参照ください。)

「聞きたいんだけどなかなか言い出せない」質問を事務局が翻訳会社に聞いてみるこの企画、
匿名なのでご遠慮なく質問をお寄せくださいね。お待ちしております


さて本日はアメリア会員の岡本由香子さんの訳書をご紹介いたします。



舞台は吹雪のアンデス山脈

目を覚ますと、吹雪の雪山に1人。
読者の選択が物語の結末を決めるサバイバル・ゲームブックだそう
すぐに役立つ知識がいっぱいつまっている本書、臨場感あふれる1冊のようですね。
子どもにはたまらなく面白そうです

岡本さんからコメントもいただきました。

ゲームブックシリーズ3巻目です。小学生に人気で、うれしいことに1巻、2巻とも
増刷になりました。
お母さんならどっちを選ぶ? とか、こういうときはどうするか知ってる? などと、
子どもさんが本の内容を話してくれたという話を複数のお母さんからうかがい、
二重にうれしく思いました。とくに動物のイラストが秀逸です。
本屋で見かけたら、ページをめくってみてください。



岡本さん、ご連絡ありがとうございました
今後のご活躍もとっても楽しみにしております(くれぐれも体調には気を付けて…)


事務局 入江

★翻訳支援ツールTrados★ セミナーのお知らせ

実務分野ではお使いの翻訳者さんも多い翻訳メモリ系支援ツール、Trados。
メーカー元であるSDL社よりセミナーのご案内をいただきました。
Tradosの導入を検討されている方や、実際に使っているけど今一つ使い方が分からない、という方にもおススメです。
いずれも無料、かつウェビナーでの開催ですので、自宅にて受講いただけます。
ご興味のある方はぜひご検討ください。

12/7(木)SDL Trados Studioスタートアップ セミナー
初めてSDL Trados Studio使う翻訳者を対象とした約2時間のスタートアップ セミナーです。
12月分からStudio2017を使って行います。
参加申込はこちら

12/13(火)SDL Trados Studio Q&A セッション
SDL Trados Studioの機能や使い方について、お客様からのご質問を事前募集し、セミナー時間中に回答します。事前にいただいた質問は原則必ず回答しますので、どしどし質問を送ってください。<ご質問の締切日:12月6日(火)>
参加申込はこちら

12/15(木)SDL Trados Studio Tips セミナー
実際にSDL Trados Studioを使う方を対象に、SDL Trados StudioのTips(操作のヒント)をご紹介いたします。
参加申込はこちら
前回のTips セミナーの録画はこちら

SDL Trados Studio 2017のご紹介セミナー(録画)
最新バージョンSDL Trados Studio 2017の新機能をご説明したWebセミナーの録画です。
録画のリンクはこちら

アメリア事務局 河原

『10年後、後悔しないための自分の道の選び方』

本格的な寒さになってきましたね!自宅に自分の部屋がないため、休日は喫茶店ジプシーになるのですが(読書も勉強もカフェでやる)、翻訳者さんらしき方を見かけたことはありません。平日ならいらっしゃったりするのでしょうか(守秘義務の関係でカフェではやらないですかね)?とある好きな作家さんがコメダによくいると言っていたのですが、ほかにもおすすめのカフェがあれば教えていただきたいです。

本日はアメリア会員の矢島麻里子さんのご訳書をご紹介します。まず表紙の文字組が珍しくパッと目に入ってきますね!

慶應義塾大学名誉教授にして、ディズニー・日産・サントリー・IBM...数々の有名企業に信頼されるビジネスコンサルタント、Dr Bob Tobinによる理想の人生を送るために本当に大切なこと。先の見えない混迷の時代、走り続けるビジネスパーソンに捧げる自分らしく働き、最高の人生を送るための集中講義。



著者であるDr Bob Tobinは東京で公演活動などもされていらっしゃるのですね。DrのHPからスケジュールをご覧いただけます。

矢島さん、ご訳書のご刊行本当におめでとうございます!今後も末永いご活躍を心から応援しております

アメリア事務局 並木

『ねむれない ねずみくん』

今日はもう一作品、ご紹介いたします

アメリア会員の長谷川圭さんがドイツ語から翻訳されたこちらの作品です。



帯にこうかいてあります。

ドイツの人気No.1! ねかしつけ絵本

寝かしつけの絵本はいろいろありますが、本書はちょっと違います。
単に子どもを寝かしつけるだけではなく、おやすみ前、親子がコミュニケーションをとりながら、楽しい時間をすごすための絵本でもあるのです。

ねずみくんがふくろうさんにたずねます。
「どうやったら ねむれるか、 おしえて くれませんか?」
さてふくろうさんはなんと答えたのでしょう…?

寝かしつけのためのアイデアがたくさんつまった一冊。
クリスマスプレゼントにもぴったりです

長谷川さん、今後のご活躍も楽しみにしています。

アメリア事務局 河原

『マジック・ツリーハウス探検ガイド 冒険スポーツ』

今日から12月です。きっと怒涛のように過ぎて、あっというまに2017年になるんだろうな~と思っています。とにかく忙しいこの時期、健康に気を付けねば!ですね。

さて、本日はアメリア会員の安齋奈津子さんが翻訳された作品をご紹介いたします。



こちらKADOKAWAの大人気シリーズ『マジック・ツリーハウス』の第41巻「走れ犬ぞり、命を救え!」の副読本になります。
犬ぞりレースはもちろん、スノーボード、スケートボード、マラソン、トライスロン、フリークライミングなど人が大自然に立ち向かい極限にまで挑戦する、そういった「冒険スポーツ」の数々をご紹介しています。
もちろん単独でも楽しめますが、本編と合わせて読むと、知識も倍増!もう一歩深く楽しめることは間違いなしです。
ぜひお手にとってご覧ください。

安齋さん、お知らせいただきありがとうございました。
お身体に気をつけてお仕事、がんばってくださいね!

アメリア事務局 河原

『アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方』

こんにちは
先日、友人の結婚式に参列してきました教会で式をあげ、その後近くのフレンチレストランで披露パーティがあったのですが、そのレストランの食事が美味しいこと美味しいことついつい完食してしまいました。友人いわく、来てくれた人達に喜んでもらいたいので、式にはお金をかけずその分美味しいお料理を選んだ、とのこと当日はお天気にも恵まれ、和やかでお料理も美味しく、とっても心に残る温かい式になりました

さて、本日はアメリア会員の露久保由美子さんが翻訳を手掛けられた『アメリカ海軍が実戦している「無敵の心」のつくり方』のご紹介です!



本書では「潜在能力を発揮して20倍のパフォーマンスを出す思考法」が書かれています。20倍のパフォーマンスを出す方法ふむ、どうしたらよいの?と思い書籍をめくってみると、アシュタンガ・ヨガや誠道空手などで体と心を両面から整える方法や、瞑想で邪念を取り払い、思考をコントロールする方法など、著者が実践している選りすぐりの方法がたくさん掲載されています。
著者は、通常の部隊では困難な任務をこなすアメリカ海軍特殊部隊SEALsに所属していた過去を持ち、SEALs退役後、本書で解説されている独自の心身のトレーニングメソッドUnbeatable Mind(アンビータブル・マインド)を主導しています。このメソッドはSEALsの部隊トレーニングにも取り入れられているとのこと。効果は実証済みです
「私も無敵の心を手に入れたい!」と思われた方、ぜひ書店でお手にとってみてくださいね

露久保さん、この度は訳書刊行のお知らせありがとうございました
また新しい作品のお話もお待ちしていますね

アメリア事務局 岩瀬

『スライトエッジ』

明日から12月 あと1ヶ月で2016年も終わるかと思うと…
あまりの時の流れの早さに茫然としてしまいます。
やたらと忙しくなる12月、体調を崩さず元気にお正月を迎えたいものです

さて、本日はアメリア会員の藤島みさ子さんの訳書をご紹介いたします。




こちら全米100万部突破のベストセラーの翻訳書。
スライトエッジとは「日々の選択こそがあなたを成功と幸せに
導いてくれる」
という考え方だそう。

訳者である藤島さんのコメントにもありますが(下記にご紹介)
「小さな努力の積み重ね」の大切さとそのパワーを伝えてくれる一冊です

藤島さんからのコメントをご紹介いたします。

こつこつと努力を積み重ねることの大切さを、幼い頃から家庭や学校で
言い聞かされて大きくなった大多数の日本人にとって、本書の内容は決して
目新しいものでありませんが、アメリカでは余りそうした教育をされずに
育つ人も少なくないのか、本書がとてもよく売れたようです。とはいえ自分を
顧みてみれば、頭では分かっていても実際にはできていない「小さな努力の積み重ね」。
訳しながら大いに反省させられました。


藤島さん、お知らせいただきありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております

事務局 入江

『慈悲』

2年目のクリスマスツリーを飾ってみました。まだオーナメントの量は十分とはいえませんが、少しずつ集めるのも楽しいものです

さて、本日11月22日からNETFLIXで配信されている映像作品『慈悲』をご紹介いたします。こちらはアメリア会員の大岩剛さんが吹替翻訳を手がけられた計86分のNETFLIXオリジナル作品です。ドキドキ・ハラハラのサスペンス・ミステリーといった作品でしょうか。自宅のアカウントでチェックしてみます!!

死期の近づいた母を訪ねた2人の兄弟が、継父と異父兄弟らに故郷で再会。だが、その夜、突然何者かに襲われ、命がけの戦いを余儀なくされる。一体、誰が…?
http://www.netflix.com/jp/title/80077402

大岩さん、この度はお知らせありがとうございました
今後のご活躍も楽しみにしております

アメリア事務局 並木

『節約は災いのもと』

寒くなってきましたね~。先日、自宅からほど近い里山のような場所で、畑の収穫祭にお邪魔してきました。ネギと大根の収穫体験もさせていただき、採れたて野菜でお鍋いっぱいの豚汁を作ってみました。寒い季節は汁ものが温まりますね!

本日は、アメリア会員の田辺千幸さんが翻訳された痛快ヴィクトリア朝ミステリ≪家政婦は名探偵≫シリーズの第4弾をご紹介します!!

善人だが刑事の才能はほぼ皆無な警部補を助け、こっそり事件を解決してきた“名探偵”の家政婦ジェフリーズ夫人。同じく主人を慕う使用人たちと協力して、警部補を悩ませる数々の難事件に挑みます。今回はテムズ川に浮いた射殺死体の謎に迫ります!そして警部補が導入した極端な“家計費節約計画"の撤回も試みますが…



『家政婦は名探偵』、『消えたメイドと空家の死体』、『幽霊はお見通し』に続く人気シリーズの第4弾、ぜひお楽しみください
田辺さん、この度もお知らせいただきありがとうございます。今後のご活躍も楽しみにしています

アメリア事務局 並木

『「ずっと若い体」をつくるロキシープログラム』

今年もあと2ヶ月を切りましたね。クリスマスケーキの予約はもちろん、おせちの予約もスタートしているそうで、もうまったくついていけてない河原です。。

さて、本日はアメリア会員の佐藤咲子さんが翻訳を手がけられた訳書をご紹介いたします。



こちらの翻訳は「会員プロフィール検索」を通じて、大和書房さんからお話をいただいたのをきっかけに実現されたそうです。
佐藤さんからコメントをいただきました

女性は30歳を境に細胞の機能が低下し始め、女性ホルモンの分泌量が減っていきます。
この生物学的な衰えが、やがてシワやたるみといった見た目の老化として表面化するのです。そこで、食べ物や精油などの天然の薬の力で細胞とホルモンの両面から老化を食い止め、さらには逆転させることで、体の中から生物学的な若さを保とうというのが本書の趣旨です。

第1、2部の各章では、肌や髪、骨などのテーマ別に老化とアンチエイジングのメカニズムを科学的に解説したあと、それぞれのメカニズムに効く天然のアンチエイジング薬とその使い方(手づくり化粧品や食べ方のレシピなど)を紹介。

第3部では、数週間後に迫った同窓会などのイベントに向けて短期間で結果を出すには、どんな天然の薬をどのように利用すればいいのかを示した目的別の短期集中型のミニプログラムや、年代・トラブル別におすすめの天然の薬が便利にまとめられていて、
自分だけのアンチエイジングプログラムが組み立てられるようになっています。

美容整形に頼らずにナチュラルにアンチエイジングがしたい女性や、「美容と健康にいい」というフレーズに目がない女性にぴったりの1冊です。


>数週間後に迫った同窓会などのイベントに向けて短期間で結果を出す
そうなんですよ!女性なら誰しも、その日までになんとかキレイにしなきゃ!って時ありますよね~!
なかなか具体的でリアルな例にドキっとしてしまいました

「美容と健康にいい」というフレーズに目がない私、これは必読マスト本になりそうです。

笑顔が素敵で、柔らくて優しい雰囲気をお持ちの佐藤さん。
またお知らせいただけますことを心より楽しみにしております。

アメリア事務局 河原

『脳はいかに意識をつくるのか』

こんにちは
週末はお目当てのカフェに行くため東京スカイツリーに行ってきたのですが、10時半の時点で既にたくさんの人が!どうやら観光客の方達がツアーでいらっしゃっていたようなのですが、もうスカイツリー観光は終わって次のところに行くようでした。皆さん朝からパワフルだな~と感心してしまいました

本日はアメリア会員の高橋洋さんの訳書『脳はいかに意識をつくるのか』をご紹介いたします。



以下、本作の概要です↓
「意識を脳の中に“見つける”ことはできるだろうか?」
「自己の感覚や経験は、脳の神経活動とどう関係しているのか?」
精神科医であり神経科学者でもある著者は、意識のもどらない患者や自己の感覚が変質してしまった患者の脳に見られる異常を詳細に解析することによって、こうした疑問に答えようとしている。
その結果、何もしていないときの脳神経活動「安静時脳活動」が世界(環境)と相互作用することによって意識や自己の感覚が生まれる可能性が見出された。
神経哲学のトップランナーが豊富な症例研究をもとに提示する、心と脳の謎への新たなアプローチ。

(Amazonより引用)

販売元である白揚社のホームページからは序章を試し読みすることもできます!
ご興味のある方は是非ご一読を★
白揚社:『脳はいかに意識をつくるのか』

高橋さん、訳書をお知らせいただきありがとうございます
今後のご活躍のお話もお待ちしております

アメリア事務局 岩瀬

『世界の美しい地下鉄マップ』

こんにちは
本日は風が強く、日陰ではちょっと寒いです昨日の天気予報で、関東地方で木枯らしが吹くかもしれないと言っていたので木枯らしなのかもしれませんどおりで寒いわけだ…

本日はアメリア会員の鈴木和博さんの訳書『世界の美しい地下鉄マップ』をご紹介いたします。



本作は鈴木さんの初めての訳書になるそうです。鈴木さん、おめでとうございます

路線図を眺めるのが好きという方は結構多いと聞いたことがあります実は私もその1人。よく地下鉄に乗るので乗換のために見るということもありますが、行ったことがない県の路線図なども見たりします。知っている地名が入った駅名を発見すると、その場所を身近に感じられる気がして嬉しくなるんですよね

本作ではロンドンやパリ、北京、ニューヨークなど、世界166都市で使われている地下鉄マップが掲載されています。現地で使用されている路線図をそのまま掲載しているので、この図鑑を読むだけで現地で地下鉄マップを見ているような雰囲気を味わうことができます私が特にいいなと思ったのはパリの路線図。建物や川の絵が入っていて、路線図を見るだけでもパリの雰囲気が伝わってくるようでした気になる方は書店で是非お手にとってみてくださいね

鈴木さん、この度は訳書刊行のご連絡ありがとうございました。
今後益々のご活躍を楽しみにしております

アメリア事務局 岩瀬
プロフィール

アメリア事務局

Author:アメリア事務局
翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営するアメリア事務局です。HP:アメリアWebサイト

※アメリア会員の方はこちらから翻訳作品の情報をお寄せください。ブログ等でご紹介させていただきます!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク